☆スタッフブログ☆

さまざまな車の作業に奮闘している1コマやいろんな情報を発信します☆

MOって一体なんのこと??【メルセデス純正】

【メルセデス・ベンツ Cクラス タイヤ タイヤ・ホイール関連 > タイヤ・ホイール交換】
2023年8月3日

 

いつもタイヤ館松江南WEBをご覧頂きありがとうございます

スタッフのさかいです

本日はメルセデスのタイヤ交換になります!

 

使用するタイヤは純正ポテンザS001になります!

しっかりとサイズ表記の隣にMOの刻印がございますね!

 

POTENZA S001は

優れたドライ性能

高いウェット性能

コンフォート性能にも配慮している

世界的パフォーマンスカーに認められたタイヤです

 

そんなに良いタイヤなのにあんまり見ませんよね?

実はこちらのサイズはカタログに載ってないんですよ〜!

 

一般的なカタログ掲載モデルのポテンザと違い

このタイヤMO刻印を与えられているメルセデス認証となります!

 

さぁ本日は

輸入車にお乗りの方向けの【承認タイヤ】をご紹介です!

 

承認タイヤはその名の通り、『自動車メーカーから承認されたタイヤ』です。

自動車メーカーとタイヤメーカーが共同で開発し、

非常に厳格なテストに合格したタイヤのみに与えられるもので、

その自動車の性能を最大限に発揮させることが出来る、

自動車メーカー推奨のタイヤになります。

 

承認タイヤとは?

この【承認タイヤ】ですが、タイヤのサイド部に刻印がされており

外観からもその判別がつくようになっています。

例えばBMWやMINIでは【承認タイヤ】のマークは ☆ になります。

 

 

【承認タイヤ】にはこのようにタイヤサイド部に承認マークの刻印があります。

この【承認タイヤ】は輸入車で多く見られ、

メーカーによって承認マークが異なります。

 

承認マーク

以下に、代表的なものを記載します。

          BMWMINI                                   

    メルセデス・ベンツ  ⇒「MO」「MOE                  

        アウディ  ⇒「RO」「AO                           

      ポルシェ  ⇒「N                          

      ボルボ  ⇒「VOL                        

         テスラ  ⇒「T                                

  ※実際はもっとたくさんあります。

一つの自動車メーカーの中にも何種類か承認マークがあるものもあります。

         

アウディだと

 

     

AO  通常のアウディの承認マーク             

RO  クワトロ社が出掛けるRSモデルにのみ与えられる承認マーク

 

ポルシェですと

 

N』の後ろに0~の数字が設けられ、例えば『N0』であればそのモデルのうち、                                  

ポルシェ社に最初に承認されたモデルで、

以降モデルチェンジされれば『N1』『N2』と数字が増えていきます。

 

メルセデス・ベンツで言えば、 

                        

MO  メルセデス・オリジナル=通常の承認タイヤ                 

MOE ⇒ メルセデス・オリジナル・エクイップメント・エクステンディッド                 

                 メルセデス・ベンツ承認のランフラット特性をもったタイヤに与えられる承認マーク。

 

ランフラットタイヤ

メルセデス・ベンツの承認マークのMOEはランフラット特性をもったタイヤと説明しましたが、

このランフラット。実は自動車メーカーやタイヤメーカーによっても呼び名が異なります。

 

ランフラットタイヤ

ライフラットテクノロジー搭載タイヤ

パンクプルーフタイヤ

ゼロプレッシャー・タイヤ

RFT

RSC

     ZP  etc....

 

 

非常に多くの呼び名を持っていますが、

性能はほとんどのメーカーで変わらず、

パンク時(タイヤの内圧がゼロの状態)でも

所定のスピードで一定の距離を走ることが出来るタイヤ    

 =パンクしても安全な場所まで車を動かすことが出来るタイヤ             

 

近年では輸入車を中心に、安全性と省スペースや軽量化の面からも

採用される車種が非常に増えています。

 

承認タイヤのメリットとデメリット

メリット

承認タイヤは自動車メーカーから承認された、いわばお墨付きタイヤです。                 

輸入車=本国での使用を第一として考えられていることから

国内向けのタイヤとは少し趣向が違った部分もあります。                 

例えば、

・フランスやイタリヤの様に道が石畳になっている

 ・ドイツのようにアウトバーンでスピード制限がない

 のようにその国にはその国の事情があり、

承認タイヤにもそれらに対応した性能が求められます。

デメリット

デメリットの一番大きい部分は金額になります。        

もし同じメーカー同じブランドのタイヤがあっても

承認マーク付きとなしのタイヤでは価格面で差があります。             

やはり開発に時間とお金を非常に投入しているのでその分高性能になっているためです。

 

次回のタイヤ交換では承認タイヤを選ばなくてもいいのか?

車の中で唯一地面に設置している部品はタイヤです。

タイヤの性能次第では車の性能も大きく変わります。

もし今の車の性能に満足しているなら、もちろんそのまま承認タイヤを装着するのがいいでしょう。

ですが、タイヤにはいろいろな性能があり、ブリヂストンで言えば

 ・直進安定性

 ・ドライ性能

 ・ウェット性能

 ・低燃費性能

 ・ライフ性能

 ・静粛性

 ・乗り心地

の様に7つの性能があります。

これらの性能に特化したタイヤも存在しており、自分にあった性能のものがあれば

承認タイヤに絶対にこだわる必要はないです。

 

今回は現状に不満がなく、安心感もあるため

メルセデス認証タイヤをお勧めさせて頂きました!

 

タイヤ館では輸入車純正タイヤの取り扱いもございます!

タイヤのご相談はタイヤ館松江南まで

 

#メルセデス #Cクラス #ベンツ #輸入車 #外車

#MO認証 #純正タイヤ #認証タイヤ #RFT #ランフラット

 

カテゴリ:輸入車の作業はコチラ☆ 

担当者:さかい

カレンダー

2024年 6
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30