サービス事例

当社で手がけた技術サービス事例をご紹介します。

タイヤ・アルミホイール交換作業+アライメント調整作業 ホンダ・アコードツアラー

【ホンダ アコードツアラー タイヤ タイヤ・ホイール関連 > タイヤ・ホイール交換】
2020年8月1日

すり減ったタイヤを4本ともアルミホイールとともに

交換させていただきました。

 

車種:ホンダ アコードツアラー(CW2)

タイヤサイズ:235/45R18

タイヤ銘柄:ブリヂストン レグノ GR-XⅡ

乗り心地と静粛性をお求めなら、

ブリヂストンタイヤの「REGNO(レグノ)」

というタイヤがおススメです!

「レグノ」というタイヤが生まれてから35年

乗り心地・静かさを追求して、多くのユーザーに

認められ、「静かさ=レグノ」という認知も

かなり広がってきています。

「レグノ」にしか採用されていない技術、

「レグノ」にしか採用されていない素材・材料

が、あります。

それだけ、特別なプレミアムなタイヤなんです。

ホイールサイズ:18X8.0 5/114 +47

ホイール銘柄:シュタイナー LMX

アライメント調整作業

タイヤの寿命を延ばしたり、走行の安定さを

向上させたりする作業:「アライメント調整作業

も同時に実施させていただきました。

 

画像のように各4つのタイヤ・ホイールにセンサーを

取り付け、タイヤの取付角度をミリ単位の数値を

測ります。

その数値が自動車メーカーが定める数値と比較して

正常値が異常値かをチェックします。

 

異常値だった場合、タイヤの早期摩耗や偏摩耗、

走行の安定さが欠けたりします。

それを緩和するのがアライメント調整作業。

異常値で調整が必要な場合は、熟練スタッフが

クルマの下に潜り、最適な数値に戻す調整作業を

します。

 

また、アライメントの不良は、

近年増え続けている「運転支援機能」が

搭載されている車両の、

自動ブレーキ
レーンキープ機能
車間距離キープ機能
自動運転機能

などのアシスト機能が正常に作動しない

可能性がありますので、

アライメント調整作業の重要性は

近年、より高まっています。

 

タイヤ館安城店では、タイヤ新品交換毎の

アライメント調整作業をお勧めしております。

 

カテゴリ:タイヤ交換 アライメント調整 

担当者:いとう