商品情報

おすすめの商品をご紹介しています。
掲載されていない商品やサイズ・在庫の情報につきましては、お気軽にお問い合わせください。

その他の商品について

その他にもお取扱いしております。また該当サイズがあるかどうかなど、事前にショップまでお気軽にお問い合わせください。

タイヤ

【ランフラットタイヤ】POTENZA S001 RFT(ポテンザ)

パンクなどによって空気圧がゼロになってしまったとしても、時速80km/h以下で80kmの距離を走行することが可能なランフラットタイヤは、トラブルに見舞われた路上でのタイヤ交換の必要がありません。そのため、タイヤ交換中に事故に遭うといった二次災害の危険性がありません。また、ほとんど使用されることなく廃棄されるスペアタイヤ、ホイールが不要になることで、資源のムダ使いを減らすこともできます。この点においては環境にやさしいタイヤというわけです。

さらに、スペアタイヤが不要になることで、クルマのトランクスペースに余裕が生まれます。クルマのデザイン自由度が増し、機能面の向上が期待できます。このように、ランフラットタイヤは「安全」、「環境」、「機能」の3つの面でクルマ社会に貢献しています。


ランフラットタイヤには、タイヤのサイドウォール部分を「サイド補強ゴム」で補強した「サイド補強型」が採用されていて、空気圧がなくなった場合は補強ゴムが荷重を支えます。乗用車用のランフラットタイヤには一般的に用いられる構造です。
また、空気圧が失われた際はタイヤが変形、発熱します。そのため、ビード部分の強度を高めるビードフィラーに低発熱性のゴムを使用し、発熱を抑制。さらに、パンク時にタイヤがホイールから外れることを防ぐため通常よりも太いビードを使用するなど、さまざまな技術の採用によってパンク時の走行を可能にしています。

タイヤサイドを補強する「サイド補強型」は、その反面でサイドが分厚く、硬いために乗り心地が非ランフラットタイヤと比べ、硬くなる傾向がありました。
ブリヂストンの次世代ランフラットタイヤ「POTENZA S001 RFT」では、その課題を“熱をコントロールする”ことで解消しています。ナノプロ・テックを採用した「新サイド補強ゴム」は、従来のものと比べてポリマー内のカーボンが分散され、摩擦によって生じる発熱を軽減しました。そして、サイド部分にはサイズによって異なる2種類の「クーリングフィン」を設置。空気の乱流を促して、タイヤを冷却します。これらの技術によって、乗り心地の改善に必要なタイヤサイドの柔らかさを確保しつつ、発熱を抑制することに成功しノーマルタイヤと遜色のない乗り心地を実現しています。(POTENZA S001対比)


現在、ブリヂストンのランフラットタイヤは、POTENZA S001 RFTの他に「POTENZA RE050 RFT」、「TURANZA ER300 RFT」、「DUELER H/P SPORT RFT」、「BLIZZAK RFT」がラインナップされています。上記の製品をはじめとしたランフラットタイヤは、その高い技術とパフォーマンスが評価され、フェラーリ、BMW、アウディといった世界を代表するハイパフォーマンスカーにも標準装備されています。