タイヤ館安城店ブログ / 2021年7月16日

スタッフがさまざまなテーマでクルマに関する情報をお伝えします。

大売り出しのお買い得タイヤ『Dayton(デイトン)タイヤ』ってどんなタイヤ?

【タイヤ タイヤ・ホイール関連 > タイヤ】
2021年7月16日

いつもありがとうございます。

 

タイヤ館安城店は8/1まで大売り出し開催中ですが、

お買い得な「Dayton(デイトン)タイヤ」って

どんなタイヤか、ご説明いたします。

 

【デイトンタイヤ】



米国/欧州で展開する基本性能とコストパフォーマンスを
重視したラジアルタイヤです。

デイトンは元々、アメリカのオハイオ州デイトン市で
1905年に創業したタイヤメーカーです。
1961年にファイアストン社に買収された後
同社がブリヂストン傘下に入った事で
デイトンもブリヂストングループになりました。

タイヤ館安城店で取り扱っているデイトンタイヤは
全てブリヂストン製です。
ブリヂストンの工場で生産されていますので
厳しいブリヂストンの製品品質をパスした
安心してご使用いただけるタイヤです。

現在ラインナップは。「DT30」という銘柄1種類。
偏平率によってタイヤの回転方向の有無があります。

偏平率:80~65は回転方向「なし」

 

偏平率:60~30は回転方向「あり」



お求めやすい価格で様々なタイヤサイズをご用意。
軽・コンパクトカーはもちろん、セダン、
ミニバン・SUVまで幅広く対応しています。

最近は色々なメーカーのタイヤを選ぶことができます。
より手軽に、より多くが選べるようになった反面、
どれがいいのか、どれが自分の車に合っているかのかが
わかりにくくなってきているかもしれません。

値段はなるべく安く抑えたいけどインターネットなどで
買うのには不安がある、という方。
インチアップ入門の方。
2,3年で乗り換える、という方。

いかがですか?



デイトンタイヤの特徴は、
経済性の高いタイヤ・・・お手頃な価格のタイヤです。
省燃費性は低いのでエコタイヤというものではありません。
ライフもやや低めです。

最近は、新車装着タイヤから
・燃費性
・雨の日のブレーキ性能
・快適性
・ライフ
・安定走行
など、かなり性能の良いものが標準装備されていることが
多いため、それらのタイヤからデイトンタイヤに
交換することによりクルマの性能を十分が発揮できなくなる
場合があります。(タイヤ性能がランクダウンするため)

タイヤ館安城店では、お客様とのタイヤご相談・ご商談時に
ご不安のないようタイヤの性能をしっかりご説明させていただきます。

タイヤのことなら、タイヤ館安城店にお任せください。


デイトンタイヤはタイヤ館安城店店頭の他、

「タイヤ館オンラインストア」、

ショッピングサイト「Amazon」からでも

お気軽にご購入頂く事が出来ます。

 

タイヤ館オンラインストア

Amazon

カテゴリ:タイヤ関連 タイヤ館安城店からのお知らせ 大売出し 

担当者:いとう