スタッフ日記 / 2016年3月

スタッフがさまざまなテーマでクルマに関する情報をお伝えします。

レグノを履かれるなら、やっぱり空気圧気にしないとですね。
そこで装着されたのがTPMS。
空気圧もモニターで管理できるのでとても便利!!
純正アルミにも違和感なくついてますよ~。
オーナー様もこれで安心ですね。
100KM 点検お待ちしてます。

レグノとTPMSのセットで取り付け。
入庫車両はG'sベルファイア。
なんとも迫力満点ですね!!
装着タイヤはレグノGR-XI。
下の写真は履き替え前のタイヤ。
やはり車重があるので減り方もかなりヘビーです。
でもせっかくレグノをはくならとご一緒に・・・・
続く

本日ご来店のお客様。
選択したオイルは
ワコーズ プロステージS 0W-30
オイルの種類によっても違いますが、ベースオイルがしっかりしてないと
オイルは酸化してしまい汚れやすくなってきます。
汚れたまま使用すれば、エンジン内部に汚れが付着し
汚れが取れないこともしばしば・・・・
エンジンにいたわりを~
ということで選択されたオイルは100%化学合成。
その選択、お見事です!!
オイルはエンジンの血液です。
エン...

センサーはこんな感じで、ホイールの中にステッカーで
装着がわかるようにしてあります。
モニターはこんな感じで。
視界の中に自然と入る場所が一番。
これで安心ですね。
万が一、パンクがあっても空気圧センサーが
空気圧の低下をすばやく教えてくれる優れもの!!
それでは100KM点検お待ちしております。

センサーの取り付けはこんな感じで。
作業も丁寧に行いますよ~!!
そして最後の作業はアライメント。
アライメント調整はタイヤの角度をしっかりと
もとの位置に戻す作業。
接地圧が安定すれば、片べり防止になりますよ。
一度お取りになってみては?
続く

本日ご来店のダイハツのビーゴ。
お取付内容は、デューラーH/L850とTPMSとアライメントのコース。
普段空気圧も見られないことからのお取付です。
タイヤを外してみると?
おやおや?
かなりタイヤが片べりしてるではありませんか!!
これでは新しいタイヤを履いてもすぐにすり減ってしまう。
だからアライメントはこのような症状を改善するために
ご案内してます。
続く。

本日ご入庫のEKワゴン。
ATF交換です。
ATFオイルを交換される方はとても少ないですが
交換するとトルクだけではなく、ギアの変速も
スムーズになるんです。
もともとオイルはサラサラですが、オイルの油圧でバルブを作動
させているため、汚れてくると油圧のかかりが甘くなり
バルブの動きも鈍くなります。
オイルは必ず酸化するものであり交換は必要だと思います。
目安は20000KM
ただ、レベルゲージのついていない...

空気圧センサーは室内で空気圧管理ができるのでとても便利!!
いざ、パンクの時にはモニターで空気圧の異常を教えてくれるので
安心ですよね。
さあ、いざアライメントへ!!
タイヤの向きを整えて、接地圧の均一化にしましょう。
もちろん、ステアリングフィールも変わってきますよ!!
室内のモニター青色正常です。
これで安心できますね。
それでは100KM点検お待ちしております。

本日はジュークのタイヤ交換でご入庫。
タイヤはかなりの内べり状態。
タイヤの偏摩耗は、空気圧不足やタイヤの角度の狂いによるもの。
今回お選びいただいたタイヤは、レグノGR-XI。
通勤でご使用なだけに、タイヤは長く使いたい。
そんなことから、TPMS・アライメントの作業も取り入れました。
続く。

内べりの原因はタイヤの角度の狂い。
早く擦り減ってしまう=ライフ性能の低下
少しでもタイヤを長く使うコツは
空気圧点検・ローテーション・アライメントの3つ。
その中でもアライメントはもっとも重要です。
タイヤの点検時、内べり傾向が有ればぜひアライメントを
おススメします。
お待たせいたしました。
それでは100KM点検お待ちしております。