サービス事例 / 2017年5月

当社で手がけた技術サービス事例をご紹介します。

欧州車や最近のSUVに多く使われている黒い未塗装の樹脂パーツ。
これは綺麗に保つのはなかなか難しく、白っぽくなったりまだらになってきます。
右が施工前、左が施工後。真っ黒く甦り艶も甦っています。
ワイパーアームも白っぽく劣化しますが、右側の様にまるで新車の時のようです。
これがガラスコーティングです。これは業務用で個人の使用では一生使えるくらいの容量です。当店で施工サービス(有料)を行っていますので気...

カテゴリ:クルマ長持ち 

担当者:岡本裕暉

ホイールをぶつけてしまったとの事でご依頼です。
こりゃぼっこい(ひどい?)です!!
お客様に完璧には綺麗にならないかもと伝えましたが。
全然わからないくらい綺麗になって帰ってきました!
さすがです!!
お客様も満足されたようで良かったです。

インプレッサのアライメント調整をさせていただきました。
外したタイヤは内減りしてます。
テスターに、かけてみます。
調整しましてメーカーの適正値に直します。
こういう感じで作業します。
ローダウンなどしていない車両でも、ブッシュなどの劣化や、縁石にぶつけたりすることで、
アライメントが狂うってしまうことも有ります!
タイヤの偏摩耗気になる方はアライメントの確認をおススメします。

カテゴリ:ちゃんと取り付け より快適に タイヤ長持ち 

担当者:岡本

パンク修理の依頼で出動!
パンク修理で一番やっかいなのがパンクの穴を探すことです。穴さえ見つかれば修理は慣れたものです。今回はすぐに見つかりました。大きなボルトが刺さっています。4軸低床車の左2軸目です。パンクの確率は左の後輪が一番多いです。
パンクをして修理に来店されたほとんどの人が仰いますが、「なんでこんな物が道路に落ちているの?なんでこんな物が刺さるの?」皆さん、不思議に思われますが道路の路...

カテゴリ:より安全に 

担当者:小林利美

開店前7:30頃、お客様から緊急の電話!「娘が通勤中にパンク!JAFのレッカーでタイヤ館に運びます、対処して下さい!」
すぐに積載車で運ばれて来たのはほぼ新車(2,500Km走行)のパッソ。後輪がCBU(カーカス・ブレーキング・アップ)を起こしています。見るからにブリーディングCBUです。
すぐに釘を発見、お客様に原因を説明し、タイヤの交換とKY君(TPMS)をお奨めしました。
「釘がタイヤに刺さった事はどんなプロドライバ...

カテゴリ:より安全に 

担当者:大谷 健