サービス事例

当社で手がけた技術サービス事例をご紹介します。

BMW X1 F48 バッテリー交換 エンジンオイル交換 ブレーキフルード交換 車検整備

【BMW X1 その他 その他 > 車検】
2021年6月19日

ドイツを身近に

 

ドイツといえばなんでしょう??

 

 

 

ビール??

 

 

ソーセージ??

 

 

ベルリンの壁??

 

 

ノイシュバンシュタイン城??

 

 

サッカー??

 

 

 

 

ビールもいいですけど、あたしはこれかしら??

 

 

 

 

 

BMW




この特徴的なフロントグリルは「キドニーグリルと呼ばれ、BMWの象徴ともいえます

 

 

 

こちらの車両はBMWのSUV「Xシリーズ

 

 

 

X1 F48

 

 

 

先代の「E84」から駆動方式が変更されFFとなりました

 

それにより室内空間の拡大に貢献しています

 

 

 

エンジンは直列4気筒DOHCターボB48A20A」を横置きに搭載

 

 

 

今宵は「X1 F48」の車検整備を行います

 

作業メニュー

 

 

⚪︎ブレーキフルード交換及び清掃、グリスアップ

 

⚪︎バッテリー交換

 

⚪︎エンジンオイル交換及びオイルエレメント交換

 

 

こちらを行ってまいります

 

 

 

まずはブレーキ周りから参りましょう

 

 

24ヶ月点検ブレーキ周りをバラし、いつも通り清掃とグリスアップを行うのですが

 

以前にも記載した「電子パーキング」

 

BMW編

https://www.taiyakan.co.jp/shop/machida/tech/showcase/1193493/

 

メルセデスベンツ編

https://www.taiyakan.co.jp/shop/machida/tech/showcase/1100336/

 

ちなみに、欧州車にあるあるの通話ボタンなどの長押しなどを利用する方法もありますが

ブレーキパッドの整備に関わる「電子パーキング」は工具を使って…ではなく、車両側の操作や『特別な機材』を使って「整備モード」に移行させます

この「整備モード」

国内のハイブリッド車の整備モードとはだいぶニュアンスがちがいますけどねー

 

 

これが『特別な機材』のモニター

 

これが車両とリンクする事でモニターから車両状態をモニタリングしたり操作することが可能になります

 

 

この操作を行うことで初めてブレーキ周りの整備、ブレーキパッドの交換などが可能になります

 

 

 

 

今回交換したブレーキフルードはこのような感じでした

 

 

右の色の濃い方が交換前のもの、かなりの汚れが出ていました

エアーも相当噛んでいて、交換後はタッチからして全然違う激変ぶり

 

車検時に一回のペースで交換していきましょう

 

 

 

続いてエンジンオイル交換に移ります

 

作業自体は国産車と変わりません

 

エンジンオイルを抜いて、オイルエレメントを交換して新油を入れていきます

 

 

今回使用したエンジンオイルとオイルフィルター

 

「elf EVOLUTION 900 FT」

https://www.elf-lub.jp/products-for-passenger-cars/general-products/car-engine-oil/evolution-900-ft-5w-40

 

「MANN FILTER」

https://www.mann-filter.com/ja/mf-jp/products/oil-filter/

 

 

国産車と違うのは新油を入れた後に油量を見る

 

「レベルゲージ」がありません、最近外国車によくあるパターンです

 

 

確認方法は車両搭載のモニターから行います

 

モニターを操作すると車両情報の「オイルレベル」から確認します

 

暖機を行い測定開始

 

 

測定が終了すると

 

 

このような画面になり、足りない分のエンジンオイルを足します

 

足した後再度測定を行い油量が問題なければ終了です

 

 

 

最後はバッテリー交換を行います

 

F48のバッテリー交換は、国産車と比較して難易度的に格段に上がるとは言えないかもしれません

 

 

ですが、辿り着くまでにだいぶ時間がかかります………

時間掛かります………

 

って事は、工賃に影響ありですね

 

 

工賃はそこそこかかります!

 

今回の使用バッテリーは

VARTASILVER DYNAMIC AGM

 

https://www.varta-automotive.com/en-gb/ja-jp

 


世界的に有名すぎて、語る必要もないと思いますが純正バッテリーも手掛けているメーカーの商品ですね

 

 

さて交換開始です!

 

交換に必要な物

 

まぁまぁな作業時間

 

使用する工具は、特別なものはなく101315だったと思います

 

そして「腕力」

 

 

 

 

 

 

わんりょく?笑

 

 

 

 


彼はとても屈強で、作業スタッフ一人ではびくともしません

 

 

 

当店スタッフが脆弱だった為、今回は2人で摘出しました笑

 

 

作業前に筋トレしてから挑みましょう!

 

ちなみに、輸入車と国産車の固定方法に違いがあります

X1 F48は下側にボルト1本で固定されています

簡単ですね!

 

サクっと交換終了です

 

 

そしてここからが重要なのです

まずはバッテリーの状態を車両に記憶させます

 

特別な機材

 

これ使ってやっていきます

 

近年は、充電制御、アイドリングストップだったりと電子制御が多用されています

その為、この作業をしてあげないと良い状態で走る事ができないのです

 

ただ交換するだけではダメなのですねー


はいっ!

きましたー

 

バッテリー交換これにて完了です

 

 

 

 

そして、整備を終了した各項目をそれぞれリセット&履歴の上書き等を行なって行きます

 

OKマークでました!

 

 

元々は、ダメですよーって言う

だったり二重のだったりが付いてました

 

 

 

 

X1 F48車検整備終了です

細かい部分、他整備は写真の撮りもれなどもあり割愛いたします

 

 

輸入車は整備情報&部品の供給が肝ですねー

最近では、ディーラー以外では手に入らない部品も増えてきています

そんな時も含めて輸入車整備でお困りでしたら「タイヤ館町田」までご相談下さい

 

 

 

 

あなたのハートにエンジェルビームぅぅぅぅ

カテゴリ:車検整備 輸入車 バッテリー交換