サービス事例

当社で手がけた技術サービス事例をご紹介します。

スズキ アルト タイヤ交換

【スズキ アルト タイヤ タイヤ・ホイール関連 > ECOPIA】
2020年11月9日

いとしの7

 

冷え込んできました

 

水樹奈々さんは第一子を授かりました

 

何事もなく、無事元気なお子さんが誕生することを心から祈っております

 

 

 

 

どうも

 

あたしです

 

 

 

 

衝撃のニュースのあまり愛車の下回りを擦ってしまいました

 

がががががが!!!って言いました(*_*)

 

青丸の部分

 

 

左右のタイヤをつないでいるトーションビームという足回りの部品です

 

 

ここは結構弱いというかしなやかなので衝撃を与えたり、間違えてジャッキアップすると割とすぐに曲がってしまいます

 

なので、皆様もDIYなどでジャッキアップする際はここにかけてはいけません

 

このトーションビーム構造は今の世の中の車殆どが採用していますので、あたしの車(H#36系)アルト、キャロル以外もたくさん使ってますので注意してください

 

 

ガリッた部分を鉄ヤスリで慣らしてシャシーブラックという耐熱のスプレーで錆止めをして誤魔化して…

 

見た目はコレで良しとして、問題はトーションビームの曲がり具合…

 

 

 

コレが大きく曲がってしまうと…

 

 

タイヤの位置が変わってしまい走りに大きく影響がでる上に、タイヤの磨耗がおかしくなったり異常に早くなったりしてしまいます( ゚д゚)

 

 

 

 

アライメントを診てみましょう…

 

 

 

 

ドキドキ…

 

 

 

 

 

果たして結果は…!?

 

 

 

 

 

異常なしです!!

 

 

よかったぁψ(`∇´)ψ

 

 

基準値内で収まってます!!

 

 

 

フロントのキャンバーとトゥのズレはあえてあたしがやっているものなので気にしないでください!!

 

街乗りだけでこんな数値になってたらマズイです、普通にしてたらこんな数値になりません

 

偏磨耗の原因になりますので笑

 

 

 

 

 

しっかりしないといけませんね…

 

 

 

 

 

せっかくクラッシュしそうになっても生還したのに…

 

 

 

ついこの間サーキットでクラッシュしかけました

https://www.taiyakan.co.jp/shop/machida/diary/1075956/

ここに記載してありますので読んでみてください

 

 

 

 

ごめんよキャロル…

 

大きな事故に合う前でよかった…

 

 

 

 

 

水樹さん、一生貢ぎます

 

 

 

 

 

※お客様へのこのような板金作業は行なっておりません、ご了承ください

 

 

 

 

 

メガネメガネ…

 

今宵はあたしの車のメガネ双子の姉!!

 

スズキのアルトさんのタイヤ交換をしていきます^_^

 

 

色とか似てますがあたしの車ではありません笑

 

よく見たらスズキの輝くエンブレムがありますよね??

 

しかも15インチ!!このアルトさん(°▽°)

 

 

 

ちなみにあたしのキャロルは13インチ(*_*)

 

 

ちっさい笑

 

 

 

 

こちらのアルトさんは距離を乗られるのか結構磨耗してました

 

 

新品のタイヤと比べると一目瞭然

 

 

もうチラッと見えていますが、交換するタイヤは「ECOPIA NH100C

https://tire.bridgestone.co.jp/ecopia/nh100_c/index.html

 

 

ウエット性能とライフ性能を両立しているエコタイヤです♡

 

さらに新車装着タイヤ同等性能と言われておりませので、車の性能維持にもとながります

 

 

あたしも次かコレかなぁ(^-^)

 

 

 

竣工です!!

 

コレで雨の日も安心して乗れますね♪♪

 

 

 

あたしも早くタイヤ変えたいです(><)

 

 

 

 

 

 

君は、刻の涙を見る

カテゴリ:タイヤ交換 タイヤ交換 タイヤ交換