サービス事例

当社で手がけた技術サービス事例をご紹介します。

ホンダ フィット 車高調取り付け その弐 〜本論〜

【ホンダ フィット その他 パーツ取付 > 足回り関係取付】
2020年8月24日

実家実家実感

 

この間実家に帰ってみると

 

 

うちの長老は白目向いてヨダレ垂らして寝てました

 

暑いもんなー…

 

人間も暑さに強いわけではないですが、ワンちゃんはもっと弱いらしいです

 

さらに気温がたとえば約30度で外暑いなーなんて言っていてワンちゃんの散歩に出かけたとすると、アスファルトに近いワンちゃん達は小型犬になると

 

 

 

「体感温度40度越え」

 

 

 

 

らしいです…

 

 

では

 

 

猛暑の今は一歩間違えたら「気温40度越え」なんていう日が割と珍しく無くなってきました

 

 

するとお散歩してるワンちゃん達の体感温度は…

 

恐ろしいことになりますよね

 

 

 

ぜひ、お散歩されるときは涼しい時間帯に行くようにしましょう!!

 

 

 

うちのは小型犬なので家の中で走り回ったり、庭で放浪したり、涼しい場所を自分で探したり、それでもダメだと飼い主に

 

 

 

「あ、暑いんですけど…」

 

 

 

みたいな顔でこっちを見てへーへー言って舌出しながら訴えかけてきます

 

 

 

ちなみに冬はコタツから出てきません

 

コタツの電源入ってないとスススーってコタツを通過して

 

 

 

「あれ?スイッチ、入ってませんけど??」

 

 

 

そんな顔でこっちに訴えかけてきます

 

 

 

ちっさい子みたいだな笑

 

 

 

頑張れじーじ

 

 

 

 

走り屋な若者

 

ホンダのフィットRSさん

 

 

車高調取り付けの続きです

 

https://www.taiyakan.co.jp/shop/machida/tech/showcase/1048243/

 

まずフロントのアッパーマウント露出させます

 

写真に収めるのを忘れてしまいましたが、ボンネット開けてすぐアッパーマウントは見えません

 

結構奥にありまして、ワイパーを外し、その周りに付属するカバー類を外します

 

そうするとアッパーマウントが顔出します

 

 

ここから足をバラす作業が始まります

 

 

ナックルとストラット、スタビライザー、ABSの配線、アッパーマウントを緩めてダンパーとバネ一式を外します

 

逆の手順で組み付けていきます

 

 

 

 

今回の車高調は「TEIN FLEX Z」(テイン フレックス ゼット)

 

https://www.tein.co.jp/products/flex_z.html

 

 

 

車高調とスプリングの老舗ですね!!

 

 

全長式の車高調も値段が両親的になってきましたね^ ^

 

すっごい高くて手も届かない金額でしたが、今は頑張れば購入できるくらいになりました

 

ほんと高かったもんなぁ…

 

この車高調はストリートからワインディング、サーキット入門まではいけると思います

 

十分セッティング幅ありますのでベストなところを見つけてもらいたいです!!

 

 

 

今回もフィットさんの場合はフロントのアッパーマウント流用ですので、元のショックから分解します

 

 

 

アッパーマウントを新しい車高調に組み付けていきます

 

 

TEINといえば!!この緑色ですよね(*^_^*)

 

そして車に取り付けていきます

 

 

一気にスポーティ♡

 

 

続いてリアです

 

こっちはフロントほど大変ではありません

 

まず、トーションビームアクスルを下に落としたいので、その際にテンションがかかってしまう配線などをあらかじめ外しておきます

 

ショックの根元のネジを緩めて落とします

 

その時完全に落ちないようにジャッキなどで支えを作っておきます

 

アッパーはフロントと違い、内張の一部をパコッと外すとすぐに出てきます

 

 

そして新しいショックとバネに入れ替えて逆手順で組み付けていきます

 

 

これで取り付けは終了!!

 

あとはアライメントと1G締め直しです(°▽°)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大正櫻に浪漫の嵐

カテゴリ:足回り交換 分解整備 アライメント