タイヤからはじまる、トータルカーメンテナンス あなたのセーフティサポーター タイヤ館

タイヤのパンク修理

タイヤのパンクには様々な原因が考えられます。表面からの判断では、適切な修理は出来ません。タイヤ館では、タイヤ内面の状態を確認した上で適切な修理方法を判断できる「内面修理」をお勧めしています。
パンク状態の走行におけるタイヤへのダメージにも注意が必要です。タイヤ館では、キズの確認なども含めて、より確実な修理作業を心がけています。

外観に大きな損傷は見られないが…

内面はゴム及びコードが損傷している。
このタイヤの場合パンク穴を修理しても使用不可です。

パンクしたタイヤの状態確認

タイヤのパンクには様々な原因が考えられます。正しい原因と状況把握と、それに応じた修理が必要です。外見上ダメージが少なくとも、パンク状態での走行の影響などにより、内部ではゴム部に留まらず、タイヤの骨格といえるコード類が損傷し、修理しても再使用に適さない場合があります。

内面修理をお勧めします

タイヤ内面のダメージを確認して継続使用の可否など、正しい判断が可能。パンク穴をシールすると共に内面からもパッチ貼り付けを行うので、確実な修理が可能な「内面修理」をタイヤ館では推奨しています。

修理の内容 特徴と注意点
内面修理パンク穴と内面に修理を実施 タイヤ内面ダメージを確認して継続使用の可否など、正しい判断が可能
外面修理(応急処置)パンク穴のみ修理を実施 タイヤ内面の状況は確認できない。その為コードに損傷を受けている場合は早期に故障する危険有。
パンクが確認されたらできるだけ早く安全な場所でスペアタイヤに交換して、パンクした状態での走行を避けてください。

エア充填

一般的にドア内側に表示されている指定空気圧や、使用状況等をお客様に確認のうえ、空気圧を適正化します。また、パンク修理によってエアの漏れが防げているか、最終チェックを行います。

タイヤ変更後の100km点検、ローテーションを実施しています。

100km点検
  • タイヤ空気圧:
    新品タイヤでは装着後、タイヤ内部のコードの伸び等で成長し、空気圧が低下する場合があるため点検します。
  • ナット増し締め:
    タイヤ(ホイール)装着直後は、ナットの締め付けトルクにバラツキが生じる場合があるため点検します。
ローテーション
  • タイヤ空気圧:
    偏摩擦の防止、タイヤ寿命の向上のために、5000km走行毎のローテーションをお勧めしています。
  • タイヤの回転方向性:

クルマの豆知識

構造からメンテナンスまで車のことがもっとよくわかる、豆知識をご紹介。

タイヤのパンク修理に関するお客様の声