商品情報

おすすめの商品をご紹介しています。
掲載されていない商品やサイズ・在庫の情報につきましては、お気軽にお問い合わせください。

その他の商品について

その他にもお取扱いしております。また該当サイズがあるかどうかなど、事前にショップまでお気軽にお問い合わせください。

メンテナンス商品

50000Kmを超えた、その先も。

エンジンオイルに新しいラインナップが加わりました。

デュアルサポート 0-WIDE(ゼロ・ワイド)です!

いつも通り車を使うだけで、オイル量の減少と漏れ・にじみを予防、抑制し回復します。

効果 1 オイル量の減少(オイル下がり)となるバルブシールの性能低下を予防・抑制し回復する作用。

効果 2 車輌外部へオイル漏れ原因となるクランクシャフトシールの性能低下を予防・抑制し回復する作用

HCCテクノロジー
HeteroCyclicCompound技術により、エンジンに使用されているオイルシールへ直接作用することで、
オイル漏れ・にじみの原因となるオイルシール性能を回復、更にオイルシール性能低下を予防し高い持続性能効果を発揮します。

省燃費性能を犠牲にすることなく、最適なオイル粘度でオイル量の減少抑制・オイル漏れ防止効果を発揮するマルチグレードオイル!
0w-20
5w-20
5w-30
10w-30
と、幅広い粘度に使用できます!

走行距離の伸びたお車やオイルの漏れ・ニジミ・消費トラブルの予防・解消におすすめなエンジンオイルですよ。

エンジン内部洗浄しませんか? ~ECO Keep~

エンジン内部に蓄積されたカーボン・スス・スラッジ・ワニスを溶解しオイル内に分散させて排出することで従来のエンジン性能に回復させる効果があります。

〇燃費向上で経済性に貢献
 おイル交換前後対比で1.24%向上!

〇エンジン音静寂性の向上で環境に配慮。
 おイル交換前後対比で0.78%エンジン音低減!

〇エンジンにやさしい
 エンジン負担を軽減、愛車が長持ち!


おすすめポイント
機能:低音字に洗浄力を高める高機能化合物の配合により、アイドリング状態でエンジン内部に固着したスラッジ等を除去。
環境:エンジン音静寂性向上効果。エンジン音0.78%低減
経済性:燃費改善効果1.24%向上

☆エアコン添加剤はこれで決まり!☆

とにかく暑い!とっても暑い~。
車の中はエアコン全開…。

ということで、お勧めしたいのが、
ワコーズのパワーエアコンプラス!!!!!

特長
1) コンプレッサーの潤滑性を向上させ、エアコンのフリクションを軽減し、エアコン使用
時の燃費悪化とパワーロスを低減します。

2) 耐摩耗性・シール性・防食性を向上し、コンプレッサー・エキスパンションバルブ・リング・ゴムホースなど、エアコンシステムの耐久性を向上させます。

3) システム内部の汚れを取り除き分散させることで、熱交換率を高め、エアコンの冷房効率を向上させるとともに、システム内の目詰まりを予防します。

4) 安定した強い油膜を形成し、コンプレッサーの作動音・振動などを低減します。

つまり、エアコンの働きを補助して保つと言うことです。

「暑い今こそ、パワーエアコンプラス」おすすめです。

お車のバッテリーは大丈夫??

最近バッテリー交換いつしましたか~?

バッテリーって意外と交換目安がわかりづらいんです…。

最近のバッテリーは突然上がってしまう事があるんです!

当店ではバッテリーテスターでしっかり点検させて頂いております!

2~3年間交換してます?
んっ!?!?って思った方は点検だけでもOK☆


各サイズでバッテリーをご用意しております♪

エコカー用バッテリーもあります!

アイドリングストップ車専用のバッテリーも取り扱っております!

気になる方はお気軽にお越しくださいm(__)m

オートマ・CVTオイル「エコダッシュ」

オートマやCVTもエンジンと同様にオイル交換が必要です。

内部をクリーンに保つことで、複雑な機構のトランスミッションを

保護するだけでなく、車のコンディションを整えるので低燃費に

つながります。走行距離2万km毎の交換が目安になります。

※一部車種は交換できない場合がございます。スタッフにお問い合わせください。

当店使用オイル「エコダッシュ」

機能 高性能化学ベースオイルと摩擦制御特殊技術により、

AT&CVTフルードの要求性能を両立

環境 CO2削減効果 AT3.1% CVT2.7%

経済性 燃費改善効果 AT3.2% CVT2.7%

※試験条件
 CVT試験車両 トヨタ ヴィッツ(DBA-KSP90)(19年式)
 AT試験車両  トヨタ ファンカーゴ(CBA-NCP20)(16年式)
 使用フルード ATビートトランス/CVT純正フルード
 試験場所 財団法人 日本自動車輸送技術協会 昭島研究室
 タイヤ空気圧 220kpa
 試験方法 10・15モード自動車排出ガス試験

燃料消費量は定められた試験条件の値です。お客様の車両、使用環境(気象・渋滞等)や

運転方法(急発進・エアコン使用等)に応じて燃料消費量の向上度合いは異なります。