商品情報

おすすめの商品をご紹介しています。
掲載されていない商品やサイズ・在庫の情報につきましては、お気軽にお問い合わせください。

その他の商品について

その他にもお取扱いしております。また該当サイズがあるかどうかなど、事前にショップまでお気軽にお問い合わせください。

タイヤ

スタッドレスタイヤ BLIZZAK VRX 好評発売中

26年間の「ブリザック」史上最高性能

タイヤ館では、ブリザック史上最高性能を実現した「BLIZZAK VRX」を好評発売中です。

「BLIZZAK VRX」はREVO GZで大好評だった二つの左右非対称技術である

「左右非対称パタン」「左右非対称サイド形状」をさらに進化させた

「新非対称パタン」「新非対称サイド形状」を採用しいます。

さらにREVO発泡をより進化させた「アクティブ発泡ゴム」を採用。

REVO GZ比で氷上ブレーキ性能、ウェットブレーキ性能を各々10%向上させています。

加えて、燃費性能も向上しており転がり抵抗係数がREVO GZ比10%改善となっております。

発売サイズは108サイズでほぼフルラインナップとなります。

シーズン中、売り切れサイズも毎年出てしまうスタッドレスタイヤ!

是非、余裕を持ったお早目の行動を!

予約、取り付け、お待ちしております(^_^)/

進化したSUV専用タイヤ BLIZZAK DM-V2

『SUVの冬が楽しくなる。』

2014年9月から発売の「BLIZZAK(ブリザック)DM-V2」は、ブリヂストン自慢の「アクティブ発泡ゴム」の採用や接地部の各ブロックの倒れ込みを抑える技術を採用することで、氷上でのブレーキ停止距離を11%短縮しています。

 1,「アクティブ発泡ゴム」で止まる。

「BLIZZAK VRX」に採用されている「アクティブ発泡ゴム」を搭載。水路の表面を親水性素材でコーティング。気泡の内壁に沿って水を流れ込みやすくすることで、路面の水膜を積極的に除去します。タイヤが氷路面にしっかりと密着することで、グリップ力を格段に高めました。

 2,さまざまな冬道で止まる。

①走行安定性高める (3Dホールドスクラムサイプ)
サイプの切れ込みを断面途中で3次元にジグザグに変化させ、隙間には柱の役割を果たすプロップ・ホームを搭載。

②雪をつかむ力が強い (マルチグルーブ)
トレッド表面に刻まれた溝の交差するポイントを増やすことで、溝に取り込んだ雪を従来以上に強く押し固めます。

③装着初期から優れた氷上性能を発揮 (マイクロテクスチャー)
トレッド表面に施した微細な凹凸が、路面の水膜を効果的に除去することで、装着初期から優れた氷上性能を発揮します。

*タイヤの欠品が予想される為、早めの予約をおすすめ致します。

軽自動車専用のREGNO出ました!

待望の軽自動車専用REGNO GR-Leggera(レグノ ジーアールレジェーラ)が

発売されました!

タイヤサイズは

165/55R15 75V

165/55R14 72V

155/65R14 75H

最近のハイト系を含む、軽自動車のタイヤサイズラインナップです!

「あきらめていませんか?軽自動車の乗り心地・静粛性・走りの楽しさ」

「レジェーラ」の特徴を簡単に説明すると・・・

①静かな車内空間を演出(路面から伝わる音を低減)

②快適な乗り心地を実現(乗り心地も良いですが、フラつきにくいしっかり感)

③より安全に長く使えるロングライフタイヤ(低燃費を犠牲にせずライフを向上

※上記について詳しくはメーカーHPをご覧下さい※

実際に軽自動車に「レジェーラ」を装着して、試乗しましたが、

最初に感じたのが「軽自動車を乗る時の不満」が解消された感じでした。

走り出しはスムーズで滑らか、カーブを曲がる時もタイヤが踏ん張ってくれるので

しっかり安定。この「安定感」は助手席・後部座席でも強く感じます。

これってすごいです♪

ある程度速い速度で巡航した時のタイヤから出る音の滑らかさ。

路面の凹凸で突き上げられた時の車の収まりの良さ。

などなど「レジェーラ」を使うと体感出来る事が沢山ありました!

今までに無かった視点で作られたタイヤ「レジェーラ」

是非一度お試し下さい!

ご存知ですか???「軽・コンパクト専用タイヤ」

軽自動車やコンパクトカーのタイヤには結構な負担がかかるのをご存知でしょうか?

小さなサイズで、車を支え、普通車や大型車と変わらぬスピードで転がる!!!
これだけでも、小さな車の小さなタイヤは頑張りやさんだと思いませんか?

普通車クラスの車のタイヤに比べて、同じ距離、スピードで走る場合に、小さなサイズのタイヤは、その分、たくさん転がらなければいけません!だから大きな負担がかかるのです!

普通車  15インチタイヤの場合 約36万回転
軽自動車 13インチタイヤの場合 約41万回転

※月平均走行距離700km走った場合の回転数

たくさん転がる上に、最近は「軽・コンパクト」とはいえ居住性の向上のためなどで、背が高くなり「ミニバン」の様な形の車種が多く「プチミニバン・コンパクトミニバン」の様になっています。

車輌のサイズと、タイヤのサイズの比率で考えると「軽・コンパクト」のタイヤには「ミニバン」と同様の負担がタイヤにかかってしまうと考えられます。

だから、ブリヂストンは「専用設計」「小さな車も手抜きなし!」です。

ラインナップは、

高速道路もスイスイ走る、専用設計で減りにくい+運転がラク 
エコピア PZ-XC

雨に強い+専用設計で、雨の日も安心            
エコピア EX20C EX20C-タイプH

新スタンダード低燃費タイヤ!専用設計で実ライフ向上!   
ネクストリー

「専用設計」で、偏磨耗を抑制して安心・快適!!

当店では、「軽・コンパクト専用設計」タイヤをオススメしています!

☆POTENZA史上最速のストリートラジアル 「POTENZA RE-71R」☆

「RE-71R」は、当社独自技術「アルティメット アイ※」を駆使し、

サーキット走行で想定されるタイヤの動きを細部まで計測。

この結果を基に、サーキット走行での性能を最大限に発揮すべく、

モータースポーツ用タイヤ開発で培った技術により、路面との接地性を高めることで

ハイグリップを発揮する新開発のゴムを採用しました。

このゴムにより路面に吸い付く様にグリップすることが可能となり、

従来以上の高いグリップ力を発揮します。
 
更に路面と接地する面積を最大限確保する新パタンを採用することで、

サーキット走行で重視されるドライ路面でのグリップ力、

コントロール性を高次元で両立。

これにより従来品「RE-11A」と比べ、サーキット走行時の最速ラップタイムにて、

1.4%の短縮を実現しています。

 当社の「POTENZA」は「POTENZA RE71」が、1986年に国内タイヤメーカーで

初めてポルシェ、フェラーリに新車装着されたことをきっかけに、

現在はハイパフォーマンスカーのオーナー、スポーツ走行愛好層など多くのお客様に

ご好評をいただいているスポーツタイヤブランドです。

今回の新商品は現在もお客様から愛されている「RE71」の性能、

情熱を引き継ぐという意味を込め、「RE-71R(R=Racing)」と名付けています。

 当社は、「POTENZA」の商品ラインアップを更に充実させることで、

"走り"に対する深いこだわりや多様化したニーズにお応えし、

より多くのお客様に「POTENZA」をご愛用いただきたいと考えています。



※最先端のシミュレーション技術と、踏面部のパタン接地力分布の計測・可視化技術の

組み合わせにより、最適なタイヤ設計を実施するブリヂストンの独自技術(特許出願中)

POTENZA(ポテンザ)   その走りに世界がうなずいた!

世界の名車のこだわりと最先端の走りに応え続ける。それがポテンザ。

ハイパフォーマンスな走りを実現すべくタイヤにシビアな要求を課す欧州のカーメーカー。
今、その多くの新車装着タイヤに、”POTENZA”の名が刻まれている。

ポテンザが世界の扉を開けたのは1982年。この年ブリヂストンは、欧州での知名度を高めるべく、ポルシェをアプローチターゲットに定めた。そして、ポルシェクラブのレースが開催されるサーキットで、1人1人のドライバーに声をかけるという地道な活動を始める。
それは日本のタイヤメーカーがポルシェへの装着を許されるなど誰も考えなかった時代。
当初、ポルシェクラブのドライバー達は、ポテンザに興味を示さなかった。
しかし、ポテンザを装着したドライバーが、あるレースで優勝を飾り状況が一変。
瞬く間に広がった驚嘆の声がポルシェ社を動かし、ブリヂストンはポルシェの要請を受ける形でタイヤ開発をスタートする。そしてこの取り組みは、1986年、日本のタイヤメーカーとして初めてポルシェの標準装着タイヤに認証されるという栄誉に結実。
その後、フェラーリをはじめ多くの高級車メーカーにも選ばれて、”POTENZA”の名は世界に広がっていく。

さらに最近は、BMW、レクサスなど、拡大を続けるランフラットタイヤ(RFT)装着車にも、ポテンザが選ばれている。ポテンザを含むブリヂストンのランフラットタイヤ(RFT)は2007年、メーカー累計出荷本数760万本を突破した。

国内タイヤメーカーとして初めてポルシェに承認された誇り。
車の進化と共に絶え間ない基礎研究で培った技術。
ハイパフォーマンスな走りを支えるべく、ポテンザはこれからも革新に挑む。
世界の認証獲得に向けた尽きる事のない情熱が、ポテンザを進化させる。