サービス事例

当社で手がけた技術サービス事例をご紹介します。

農作業用の軽トラにはコレがオススメ!

【スズキ キャリイ メンテナンス商品 オイル関連 > エンジンオイル交換】
2019年8月6日

塙スタッフが自宅の軽トラのオイル交換の様子を

詳しくレポートしてくれましたが

軽トラ、特に農作業用に使っている車両のエンジンオイルは

結構過酷な環境なんです!その理由としては

 

〇畑・田んぼ等での埃っぽい場所での使用が多くオイルが汚れやすい

 

〇その割に距離が延びないのであまりオイル交換をしない

 

等の理由があります。コレは全部の車に言える事ですが、エンジンオイルは

乗らなくても酸化して劣化します。距離が来なくても半年に一回ごとの交換が

ベストです!オイル交換が車検毎って方、結構いらっしゃいますよね・・・

劣化したオイルでずっと乗っているとその時は問題無くても、のちのちの

オイル消費やオイル漏れの原因になるダメージが蓄積されていきますよ!

 

さて題名にも有りますように、先日軽トラのタイヤ交換でご来店頂いたお客様の

オイル交換ステッカーを確認すると前回交換が1年半前・・・汚れを確認すると

案の定真っ黒!(チョロチョロで分かりづらくてスミマセン)

そこで有効なのが先日塙スタッフが紹介していた「フラッシングオイル」!

画像のオイルは洗浄した後のオイル(やはり分かりづらくてスミマセン)

なのですがやっぱり真っ黒!今回洗浄をしなかったら新しいオイルとエレメントに

残った汚れが丸々付着という非常に残念な事になる所でした!

注意点としてはフラッシングを行うと、必ずオイルエレメント(フィルター)は

交換になりますのでエレメント交換のタイミングで行った方がいいですよ!

また既にオイルが漏れている、オイルが燃焼して消費してしまっている(オイル食い)

お車は症状が悪化する場合が有りますので施工出来ません!

 

交換距離が過ぎてしまっているお客様!フラッシングオイルでキレイさっぱり汚れを

落としてエンジンを労わってあげましょうね!

 

担当者:せんべい