サービスメニュー

オイル関連、オイル交換

エンジンオイル交換

エンジンオイルはエンジンを保護し、また動作をスムーズにする作用と冷却する作用があります。タイヤ館では、エンジンオイル交換の目安を3,000km~5,000km走行毎、もしくは3ヶ月〜6ヶ月でおすすめしています。 クルマの使用状態により劣化の度合いは異なりますので、エンジンのコンディションを良好に保つために、早めの交換をおすすめします。

オイルフィルター交換

エンジンオイルは使用していると酸化し、カーボンやゴミなどで汚れていきます。エンジン内のオイルをクリーンに保つため、オイルの不純物を取り除くろ過フィルターがオイルエレメント(フィルター)です。フィルターが汚れると燃費が悪くなったり、エンジンのパワーダウンにつながりますので、オイル交換2回に1回の交換をおすすめします。

オートマチック/CVTフルード交換

オートマチックトランスミッション(AT)およびCVTは、専用のオイル(ATF/CVTF)」を使用します。交換の目安は、2万km~3万km、または2~3年です。ATF/CVTFには、動力の伝達、部品の潤滑・洗浄、冷却などの役割があります。劣化すると発進時のもたつきや燃費の悪化、変速時のショックが大きくなるなどの症状が現れます。

エンジンフラッシング

使用していた古いエンジンオイルを抜いてから、洗浄能力の高いフラッシングオイルを入れ一定時間アイドリングすることで、エンジン内に溜まった汚れを落とします。エンジンオイルとオイルエレメント(フィルター)の交換が必要になります。

※表示されている作業時間は目安となり混雑状況によって前後いたします。
※表示されている価格は目安となります。
※当店の価格は全て税込み価格となります。