サービス事例 / 2014年12月29日

当社で手がけた技術サービス事例をご紹介します。

ラジエータキャップはエンジンに大切な冷却装置の圧力調整弁です。

2014年12月29日

ラジエータキャップは単なるフタではありません。

ラジエータ内の圧力を適正に保つ大切な役割をもっています。

エンジン、ラジエータ内部温度の上昇と共に、高圧になると、

ラジエータキャップ内の主圧弁が作動して圧力を調整します。

同じように内部温度が下がって低圧になると、負圧弁が作動し常に適正を維持します。

ラジエータキャップの役割が適正に保たれていない場合、

オーバーヒートや故障の原因につながります。

ラジエータキャップは1年に1度の交換をお勧めしますが、

圧力テストで異常低下がなく、主圧力弁にも異常が見られなければ、

そのまま使えます。

当店でもエンジンルーム内の安全点検を行う際に、

いっしょにラジエータキャップも点検を行っております。

担当者:坂野井