サービス事例 / 2012年3月5日

当社で手がけた技術サービス事例をご紹介します。

走行安定性向上! 

2012年3月5日

皆様 こんにちは  3月は季節の替わり目でもあり、まだまだ寒い日が続きますので体調を崩しやすいので、免疫力を高める食べ物(例えばニンニク)を食べてカラダの中から元気に、この季節を乗り切りましょう。

タイヤ交換の時期が訪れます。愛車の「走る・曲がる・止まる」が楽しく運転できる4輪トータルアライメント測定・調整をご紹介します。

近年、車の技術向上で高性能化しています。それに伴いサスペンション(足廻り)構造も進化して、大口径ホイールやタイヤのワイド化で、サスペンションの取付角度が微妙にずれただけで運転に支障が出たり、タイヤの減りが早い(偏摩耗)等の症状は運転者自身も敏感に感じることとなります。そこで4輪トータルアライメント調整が必要です。

タイヤの異常摩耗を防ぐだけでなく、疲れ知らずで走る楽しさと心地良く曲がる楽しさも必要です。

その為には調整機能が有る無しに関わらず、最低限左右バランスを整える調整作業が重要です。

こんな症状では4輪トータルアライメント調整が必要です。

・まっすぐ走らない

・ハンドルセンターがずれている

・ハンドルがどちらか一方に取られる

・ハンドルを切った時、回すチカラ加減や戻り方に左右差がある

・タイヤの内側や外側だけが異常に減ってる(片寄った減り方)

・縁石や段差などにタイヤをぶつけてしまった

・足廻り部品を交換した

・タイヤやホイールのサイズを変更した

・事故などで車を修理した

以上の症状に心当たりある方は、是非最新のアライメントテスターを体感してみませんか?

お気軽に当店スタッフまでお声がけ下さい。

担当者:坂野井