サービス事例 / 2010年7月16日

当社で手がけた技術サービス事例をご紹介します。

足廻り交換

2010年7月16日

 タイヤ館はタイヤのプロショップであると同時に足廻りのプロショップでもあります。

アライメントの測定や調整や車高調の取付、調整まで高い技術力と知識でお客様の足元をサポート致します。

 さてそんな中で今回のご紹介はショック交換です。それもお車がBMWの現行型3シリーズです。今回のお客様はすでにサス交換してあるお車でしたが、どうしても乗り心地の部分で納得がいかずショック交換とタイヤホイール交換をお考えのお客様です。

 タイヤホイールは軽量のOZとポテンザをチョイスされましたが、そちらは別の機会に詳しくお伝えする事にして今回はショックのお話です。

 サスのみでローダウンしたりするとどうしてもノーマルショックとのマッチングで乗り心地に不満が出てしまう場合がありますがそんな時はショック交換がお勧めです。

 今回選んだのはKONIのFSDです。乗り心地と操作性を求める方にはぴったりのショックです。オーナーのH様ももともとお車に詳しく目を付けられていたとの事で今回の装着になりました。

 さらにアライメント調整では基準値に合わせるだけではなく、ローダウンした分も考慮しての調整を行いバッチリ仕上がりました。

 BMWはランフラットを履いていたり、ヨーロッパなどの高速域を中心に車づくりをされていますので、非常にしっかりとした足廻りに仕上がっていますが、スポーツ寄りのセッティングのMスポーツだとギャップの多い街乗りメインの方にはちょっと硬過ぎなんて場合も出てきます。でも高速域での安定性ははずしたくないなんて欲張りなオーナーさんが多いのもBMW。(そんな私もBMオーナーですが・・・)

 そんな方はぜひ当店に相談してみてください。足廻りだけでなく高速の直進性をさらに安定させるボディダンパーとアライメントのセット等もご用意しております。

PS:実はこちらのお車結構前にこの春に触らせていただいたお車でしたが、輸入車担当 上杉のサボり・・・いえいえ仕事でなかなかUP出来ず夏のメニューとしてご案内させていただきました。

担当者:上杉