サービス事例

当社で手がけた技術サービス事例をご紹介します。

ゴム部品の劣化で発生した不具合

2015年12月25日

みなさま、こんにちは

クルマの使用年数が長くなるにつれて、ゴム関係の部品劣化が進行します。

今回ご紹介する商品はスタビライザーです。

サスペンションの一部ですがスプリングやショックアブソーバの機能の補佐役となって

クルマの横方向の傾きを抑える踏ん張り屋さんです。

カーブを曲がったり、レーンチェンジでのクルマの傾きを抑えてくれる

影の力持ちみたいな役目です。

そのスタビライザーバーとショックアブソーバをつなぐ部品(関節部分)には自由に

動けるように潤滑グリスが充填されてゴムカバーで保護されてます。

このゴムカバーが劣化して破けて中のグリスが飛び出し、砂や水などが

知らないうちに付着すると関節部分が傷んでガタが生じてきます。

このまま走行を続けているとコトコト音が発生します。

この部品は修理では無く、新品交換になります。

車歴が長くなると、あちらこちら傷みが出てきますがそのままクルマを使い続けると

思わぬトラブルを招きますのでクルマの点検は重要ですよ!

クルマを守る、命を守る、環境を守る点検整備を実施しましょう。

担当者:坂野井