サービス事例

当社で手がけた技術サービス事例をご紹介します。

G-SWATでのアライメント調整は凄い!

2007年10月13日

タイヤ館福島自慢のアライメントテスター「G-SWAT」は凄いんです!タイヤを回転させながらデータを測定する事によって、走行中のデータに限りなく近い数値を算出し、それを基準に調整する事が出来る優れモノなんです!

今日は大場チーフの車をアライメント調整しました!基本的には自動車メーカーの基準値に合わせるのですが、タイヤ館福島ではお客様のご希望があれば、走行性能を優先させる為に、お車の車高や走り方に合わせた数値での調整も大得意です!

今回の調整データとしては

フロントTOE:アウト0.1ミリ / フロントキャンバー:ネガティブ3°30付近

リア  TOE:イン1.1ミリ  / リアキャンバー  :ネガティブ2°40付近

というオーダーを受け、調整しました。

フロントのTOEは本来イン側に調整する事によってタイヤの片減りを抑制したり、直進安定性を向上させたりするのですが、あえてアウト側に設定する事でコーナリング性能を高くしたりする事も出来ます!またフロントキャンバー角も3°30はタイヤの接地面の低下を初め、片磨耗を増加させる角度ですが、コーナリング時の食い付きは俄然高くなります。ただ…この数値だとタイヤは即死ですね…

リアTOEは粗基準値ですが、リアキャンバーは2°40とし、トラクション性能とコーナリング性能を両立させるセッティングです。しかしこれもやっぱりタイヤの片磨耗は否めない数値ですね…

ただこういったセッティングはサーキット走行の様な高速域でのコーナリングを必要とするシーンでは純正基準値とはまったく別モノの走行性能を発揮します!!ただサスキットや強化アームを付けてもアライメント調整無くしてその性能は発揮しませんよ!

タイヤ館福島では直進安定性を向上させタイヤの片磨耗を抑える調整から、車高を下げた事によって発生してしまうタイヤの内減りを改善するアライメント!それからタイヤの磨耗よりお車の本領を発揮させる事を優先したアライメントのオーダーまで、お客様のご希望を広くお受けしております!

担当者:宮田ピット長

カレンダー

2020年 8
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031