サービス事例 / 2016年9月27日

当社で手がけた技術サービス事例をご紹介します。

プローバ ピロスタビリンク ハイプレッシャーバイパスバルブ 取付。

【スバル レヴォーグ】
2016年9月27日

スバル インプレッサ GRB に

  プローバ ピロスタビリンク 前後

  プローバ ハイプレッシャー バイパス バルブ のお取付です♪

  純正スタビライザー対応の、ピロスタビリンク。

  スタビライザー=平衡安定器

  左右の足回りをつなぐ、棒状のバネ。

  左右に振られる、いわゆるロールを、抑える部品。

  それを、支えているのが、このリンクです。

  高剛性・低摩擦抵抗のジュラルミンボディー+高耐荷重ピロボールの組み合わせで、

  リニアな、気持ちの良いハンドリングを実現します。

  純正と交換するタイプのハイプレッシャーバイパスバルブ。

  ターボ車のみの部品になりますが、

  実は、純正でもついているパーツ。

  では、なぜ交換するのでしょう?

 以下、簡単に説明・・・。

  タービンが過給中からの、アクセルオフ。

  過給中の空気が行き場を失い、タービンに抵抗がかかり、

  アクセルレスポンスが低下したり、その抵抗によって、

  タービンが破損してしまうことも・・・。

  そこで、その行き場を失った空気を逃がす働きが、必要になります。

  なので、純正でもついているわけですね♪

  でも、純正はタービンの保護の為、マージンを多くとっているのが、

  ターボレスポンスの低下を招いてしまうのです。

  逃がしすぎてしまうと、再度アクセルを踏み込んだ時に、

  1から過給しなくてはいけなくなるので・・・。

  スプリングレートを20%向上させることで、

  逃がしすぎず、ターボレスポンスを向上させるパーツなのです。

  もちろん、スバル車を知り尽くした、プローバ製品。

  純正に準じた構造で、車検はもちろん、燃費の悪化も防ぎ、

  耐久性・整備性も考えられています。

  アクセルレスポンス向上とともに、

  ハンドリングがリニアになる、

  運転が楽しく、気持ち良い、パーツ選定ですね。

カテゴリ:スバル車 レガシィ関連 用品取付関連 足回り・サスペンション関連 

プローバ T-REV 取付。

【スバル インプレッサ】
2016年9月27日

スバル XV に

プローバ T-REV を お取付。

 T-REV = クランクケース内圧減圧バルブ

 日本語にしてちょっと概要が分かりますでしょうか?

 

 では、もっと砕いて

 クランク = クランクシャフト

        エンジン内のピストンの縦の運動を円運動に変えるシャフト。

 クランクケース = クランクシャフトがおさまっている空間。

           通常のレシプロエンジンではピストン下部から

           オイルパンまでの空間。

 クランクケース内圧 = 上記空間の圧力。

 を減圧するバルブということですね♪

 では本題。

 ピストンの上下運動やエンジンの発熱から、

 クランクケース内の圧力は上昇します。

 圧力が上昇すると、エンジン出力の内部損失となってしまいます。

 これを、圧力変動に合わせて、適正に圧力調整をすると、

 エンジンレスポンス、ドライバリティの全体的な向上につながります。

 という商品になります♪

 インテークチャンバーが社外品でしたが、

 問題なく、取付できました。

 NAでも、ターボでも、その効果は体感頂けると思います♪

カテゴリ:スバル車 レガシィ関連 用品取付関連 

ネオプロト フットレストバー 取付。

【スズキ スイフトスポーツ】
2016年9月27日

スズキ スイフトスポーツ に

ネオプロト フットレストバー を お取付。

「ドライビングポジションは左足で決まる!」がキャッチフレーズ!

 皆さま、運転時の左足はどうしていますか?

 ATでもMTでも左足は通常時、フットレストに置いていると思いますが、

 その角度について考えたことはありますか?

 実は、MAZDA車は割と考えられていて、

 デミオのCMでもドライビングポジションに触れていましたね♪

 右足のアクセルをパーシャルで踏み込んでいる、

 巡行時の角度と、左足の角度を合わせると、疲れにくく、

 踏ん張りも効く、理想的なポジションになります。

 

 これができていないメーカーも多く、

 さらには、フットレストの無い車も存在します。

 

 フットレストバーは車種別設計になっておりますので、

 どのお車に付けても、ベストポジションになります♪

 また、バーはローレット加工がされており、

 滑りにくく、MT車に関しては、

 クラッチペダルへのアクセスが良いので

 非常に運転しやすくなるのも特徴です。

 さすが、2輪のフットバーも作っているメーカー。

 よく考えられています。

 でも、どうやら、2輪のバーの流用ではなく、

 4輪用の新規設計だそうです。

 きちんと、4輪用に考えて作られているのが流石ですね♪

 ちょっとした、ポジションですが、

 非常に運転しやすくなる、納得のパーツです。

 

 画像のように、純正のフットレストが、

 いかに、寝てしまっているかが、わかります。

 バーの位置と、アクセルペダルの位置関係が、

 重要と言う事ですね。

カテゴリ:用品取付関連 

シムス レーシング パフォーマンスダンパー 取付。

【スバル BRZ】
2016年9月27日

スバル BRZ に

シムス レーシング パフォーマンスダンパー を お取付。

 

 よくあるチューニングは、ボディー剛性アップの為に、

 金属製のバーを入れる手法。

 タワーバーやフロアバーなどがこれにあたリます。

 そういった物と一線を画すのが、

 このボディーダンパーです。

 その効果は、

   車両の最適なポイントに装着することにより、

  路面状況よって変化するボディの変形や振動を素早く、

  かつ穏やかに整える効果があり、乗り心地に影響する路面の

  凹凸による突き上げ感や、走行中の変形時に発生する

  反発力だけを吸収します。

   また、ワインディングロードにおいてはコーナリング時の

  ボディの揺り返し(反発)を吸収することで圧倒的な

  安定性をもたらすなど、その効果はドライバーだけでなく、

  同乗者も体感することができます。

  ポイントは内部のダンパーとスプリングの効果で、

  車両ごとに取付ポイント・減衰力を変えているところです。

  車のパーツって深いですね♪

  さらに、実はシムスさんのホームページの解説にはないのですが、

  オーディオの音質にも効果があり、

  高音の伸びや、低音の響きも良くなるという効果もあるようですね♪

  ちなみに、一部車種では純正装着されていたりもします。

カテゴリ:スバル車 レガシィ関連 足回り・サスペンション関連 用品取付関連 

プローバ T-REV 取付。

【スバル レヴォーグ】
2016年9月27日

スバル レヴォーグ に

プローバ T-REV を お取付。

 

 T-REV = クランクケース内圧減圧バルブ

 日本語にしてちょっと概要が分かりますでしょうか?

 

 では、もっと砕いて

 クランク = クランクシャフト

        エンジン内のピストンの縦の運動を円運動に変えるシャフト。

 クランクケース = クランクシャフトがおさまっている空間。

           通常のレシプロエンジンではピストン下部から

           オイルパンまでの空間。

 クランクケース内圧 = 上記空間の圧力。

 を減圧するバルブということですね♪

 では本題。

 ピストンの上下運動やエンジンの発熱から、

 クランクケース内の圧力は上昇します。

 圧力が上昇すると、エンジン出力の内部損失となってしまいます。

 これを、圧力変動に合わせて、適正に圧力調整をすると、

 エンジンレスポンス、ドライバリティの全体的な向上につながります。

 という商品になります♪

ちなみに、純正時は -0.2~-0.3kpa位だったのを

 取り付け、調整後は -10.1~-10.2Kpaまで減圧。

 プローバ 吉田さんも絶賛のパーツでした!

カテゴリ:スバル車 レガシィ関連 用品取付関連 

ネオプロト アクセルペダル 取付。

【トヨタ ヴィッツ】
2016年9月27日

トヨタ ヴィッツ に

ネオプロト アクセルペダル を お取付。

もともと、装着されているアクセルペダル。

ホントに使いやすいのでしょうか?

あまり、疑問に思ったことも、ないとは思います。

アクセルペダルの使いやすさは、

AT・MT問わず、アクセル・ブレーキのペダルの踏みかえ時に

いかにスムーズに、踏みかえられるかが、重要となります。

ちょっとした、ペダル位置・角度・サイズで、

感覚は、大きく変わります。

非常に、オススメの商品ですよ♪

カテゴリ:用品取付関連 

プローバ クロスメンバーカラー 取付。

【スバル WRX S4】
2016年9月27日

スバル WRX S4 に

プローバ クロスメンバーカラーのお取付。

スバル以外は、スプーンからリジカラとして、販売。

  砕いていくと、

  クロスメンバー = エンジンを載せていたり、

            足回りの取り付けのベースとなるもの。

            強固に作られた骨組みのようなもの。

            サブフレームや、単純にメンバーと言われることもあります。

  

  カラー = 色、ではなく、襟のカラーと同意。

        主に円筒状のものを指す。

  つまり、クロスメンバーの取り付け部分(モノコックボディ・シャシー)に

  挟み込む、円筒状のもの。ということになります。

  クロスメンバーカラーを装着することにより、クロスメンバーが、

  適正な位置への取り付けが可能になり、本来の性能が出る。

  ※組み立てラインでの組み立てになる為、ボルト穴に余裕があり、

   意外とずれていることが多かったりするため。

  隙間が埋まり、接触面積が増えることにより、取付剛性が上がる。

  の2点が大きな特徴です。

  では、その効果は?

  よれが無くなり、ハンドリングの向上。

  取り付け部分で、逃げていた力が無くなり、

  足回りの動きがリニアになり、スタビリティ向上。

  しかも、異音や乗り心地の悪化等はありません。

  

  体感としては、

 

  上記にプラスして、車の剛性感が良くなり、

 

  段差やうねりなどで出やすい、

  車のバタバタ感が低減しました。

  

  もともとレースの世界では、当たり前の使われている技術の

  フィードバックになります。

  それを、市販車用にカラーで対応していますので、

  お手軽に、その効果が体感できます♪

  

  スバル車はもちろん、他メーカーも設定がありますので、

  お気軽にご相談ください。

  意外と、ミニバンやハイブリッド車も設定があり、

  剛性感の乏しい、お車には絶大ですよ♪

 

カテゴリ:スバル車 レガシィ関連 足回り・サスペンション関連