スタッフ日記

スタッフがさまざまなテーマでクルマに関する情報をお伝えします。

インプレッサ  WRX STI spec C TYPE RA-R ブレーキフルード交換♪(20170919)

【スバル インプレッサ メンテナンス商品 パーツ取付 > ブレーキ関係取付】
2017年9月19日

ご覧の皆様、こんにちは♪

川口市坂下町

武南警察署向い

タイヤ館122鳩ヶ谷よりお送りいたします!

 

今回は度々登場する、

インプレッサ WRX spec C TYPE RA-R の

ブレーキフルード交換です♪

車に関しては下記リンクをご参照ください。

https://www.taiyakan.co.jp/shop/122hatogaya/diary/458500/

https://www.taiyakan.co.jp/shop/122hatogaya/tech/showcase/214285/

ブレーキフルードは、DOT5以上をご希望でしたので、

エンドレスのRF650を1リットル使用し交換させて頂きました。

フロントのブレーキキャリパーは

対向6ポット モノブロックキャリパーが奢られています♪

大きいですね♪

これが純正ですかぁ・・・。

ピストン数が多いと、均等にブレーキパッドを押し付けることが出来、

制動性能と安定性能が向上します。

さらに、モノブロック=一つの塊ですから、

キャリパーが分割製造されていないので、剛性が高く、歪みにくいので、

安定した性能と、高いペダルタッチ性が良く、きっちり安定した制動力を発揮します。

 

リアは対向2ポット。

 

ブレーキフルードは2年に1回の交換が目安なので、

殆どの方が、車検時に交換されているものと思います。

 

しかし、場所によっては必ず交換ではないので、

確認が必要です。

 

ブレーキフルードの劣化は、吸湿と言われるように、

湿気を取り込んでしまう事で起きます。

 

湿気を取り込んでしまうと、ブレーキフルードの沸点が下がってしまい、

沸騰しやすくなってしまいます。

 

沸騰してしまうと、気泡が発生し圧力が吸収されてしまうため、

ブレーキの性能が落ちてしまい、場合によっては効かなくなってしまう事があります。

 

なので、定期的な交換が必要なわけですね♪

 

 

カテゴリ:スバル レガシィ関連 メンテナンス関連 クルマニアック