タイヤからはじまる、トータルカーメンテナンス あなたのセーフティサポーター タイヤ館

ロープロファイルタイヤについて

”ロープロファイルタイヤ(Low Profile Tire<低い形状のタイヤ>)”は”ロープロタイヤ”とも呼ばれ、偏平率の低いタイヤのことをいいます。偏平率とは、タイヤの幅に対してのタイヤのサイドウォール(側面)の高さをパーセント(%)で表した数値(この数値を入れて”○○シリーズ”と呼ばれます)で、この数値(シリーズ)が小さいほどサイドウォールが低いタイヤになります。つまり、偏平率の低い、”ロープロファイルタイヤ”とは、タイヤの幅に対してのサイドウォールの高さが低めのタイヤを指します。タイヤメーカーや販売店では、主に偏平率が55シリーズ以下のタイヤを”ロープロファイルタイヤ”として区別していることが多いです。
ロープロファイルタイヤへの交換は一般的に以下の特徴が考えられます。
ロープロファイルタイヤの主な特徴
  • 操縦安定性が向上する
  • コーナリング性能が向上する
  • ブレーキング性能が向上する
  • 乗り心地が硬めになる
  • 走行音が大きめになる
BUT!タイヤの空気圧の低下は外見からは判断しづらくなります
「だから」タイヤ館はお勧めします!
  • 1
    チッ素ガスの充填
    タイヤには空気より抜けにくいチッ素ガスを!
    タイヤの空気は自然に抜けるもの!
    タイヤには、空気より自然低下を抑えるチッ素ガスの充填をおすすめしています。空気圧不足は危険です。
  • 2
    タイヤを長持ちさせるローテーション
    約5000km走行するたびにタイヤのローテーション(位置交換)を行うと、かたよらずにまんべんなくすり減ります。結果として、タイヤを長もちさせることになるので、経済的にもおトクです。
    詳しくはお気軽にご相談ください。
  • 3
    タイヤセーフティ点検
    タイヤセーフティの理念に基づき、タイヤ・ホイールの安全点検を無料で実施します。プロの無料点検で安心安全なカーライフをお過ごしください。
    タイヤ点検
    ご希望のお客さまへ無料で実施します。

    • 空気圧
    • 偏摩耗
    • 外傷
    • 残溝
    100km点検
    タイヤ館でタイヤをご購入されたお客さまへ無料で実施します。

    • タイヤ空気圧
    • ホイールナット増し締め
  • 4
    チューブレスバルブ
    長期間使用で劣化したチューブレスバルブは危険です。
    走行中のチューブレスバルブは常に振動しています。劣化した部分から空気がもれてタイヤ破裂などの原因となり危険です。タイヤ交換時には、バルブもいっしょにかえましょう。