スタッフ日記

スタッフがさまざまなテーマでクルマに関する情報をお伝えします。

雨が降っていて洗濯物外に干せないから部屋干しで部屋がとってもジメジメして気が狂いそう

【スズキ アルト その他 パーツ取付 > 各種用品取付】
2021年5月27日

昨日母様の車を洗車した結果

 

まぁ、雨ですわよね…

 

もはや恒例ですから、あたしが洗車した次の日にはだいたい雨

 

 

 

世の中の皆さん、あたしが洗車した次の日は雨です、申し訳ありません(≧∀≦)

 

 

 

雨なので

 

 

あたしの愛車をイジってみようと思います

 

 

マツダのキャロルちゃん

 

スズキのアルトさんのOEMです

 

なので姉妹車♡

 

 

 

皆さんは「ドライビングポジション」ってこだわったことありますか??

 

 

 

着座位置、アクセルやブレーキのペダル位置、ハンドルの位置

 

 

 

みんなそれぞれだと思います

 

 

その「ドライビングポジション」がしっくりくるだけで、普段の運転が疲れにくくなったり

 

サーキット走行する方はそれだけでもタイムアップや、素早く確実な操作が行えるようになります

 

 

 

あたしは街乗りからサーキット走行まで視野に入れているので、ドリフトやってた頃の師匠に

 

 

「ドラポジはこだわれ、コレがまず基本だぞ」

 

 

ってよく言われました

 

 

 

 

車を軽にしてからどうしてもペダルに合わせるとハンドルが遠くなるし

 

ハンドルに合わせれば今度はペダルが窮屈になるし…

 

 

 

前乗ってた車はハンドルに調整機構がついていて、前後も上下もできたので困らなかったのですが

 

今乗ってるマツダのキャロルにはその機構が何もないんです(°_°)

 

 

 

なのでどこか塩梅のいいところで妥協するしかないのです

 

 

 

 

しかし、ついにそんな悩みともおさらば!!

 

 

 

 

ハンドルを取り替えてベストポジションを作ります!!

 

 

 

え?そんなことできるの??

 

 

 

なんとできるんです!!

 

 

 

しかも好みのハンドルにも交換できますし、ドライビングポジションもかなり幅が出ます!!

 

 

 

そこで必要なのが「ステアリングボス」(通称ボス)というもの

 

今回使用したステアリングボスは「ワークスベル」さん

https://www.worksbell.co.jp/products_detail/boss/

 

しっかり安全性や車検適合する様にしっかり作っているブランドです^ ^

 

 

これがないと社外のハンドルをつけることができません

 

いっけない…肝心のステアリングボスの写真撮ってないや( ゚д゚)

 

 

後でボス取り付けた写真はお見せしますので…

 

 

 

ということで純正のハンドルを外します

 

 

この時エアバックが万が一誤作動で破裂したら危ないので、バッテリーのマイナス端子を外し

 

15分前後放置して残ってる電気を出し切ります

 

 

 

そこからスタート!!

 

 

まずエアバックを外します

 

 

最近はねじ止めでなく爪で止まっています

 

 

あたしの車の場合、裏の穴からマイナスドライバー突っ込んで爪を3箇所押します

 

 

 

そうするとポロン…とエアバックが外れます

 

 

ホーンの配線とエアバックの配線を抜きエアバックを摘出

 

 

そおしたら緑の丸で囲ってあるナットを緩めます

 

 

こいつを緩めれば純正ハンドルが外れるのですが

 

 

 

大体の場合がすっごいすっごいすーーっごい硬いです(・Д・)

 

 

 

なので裏から叩いたりガシガシ押したり引いたりして外すんです

 

その際に急に外れたハンドルがそのまま顔面に直撃すると大怪我です!!

 

先ほど緩めたナットは完全に外さず、少しだけ噛ませておきましょう

 

 

 

そおすれば急に外れても直撃を免れます(^ ^)

 

 

 

 

純正ハンドルが取れたらボスを取り付けます

 

この青丸が「ステアリングボス」です

 

エアバックを外したのでこのままだと警告灯がついてしまうので、付属の警告灯キャンセラーをつけます

 

コレによりエアバックの警告灯がつかなくなります

 

それと付属のホーンの配線も忘れずに取り付け

 

 

 

次が重要!!

 

 

 

エアバックを外したということは当然

 

 

 

「エアバックが出ません」

 

 

 

デメリットはコレですね…

 

 

 

ただ、ここの「ワークスベル」さん

 

万が一軸方向に大きな衝撃があった際、ボスが割れて衝撃を少しでも和らげるように設計されています

 

その心がけ素敵です♡

 

 

 

ということは、すごく繊細に作られています

 

 

ボスを取り付けて、付属のバネワッシャーとナットで締めるのですが

 

 

 

「締め込みすぎると簡単に割れます」

 

 

 

成人男性が両手でおりゃ!!ってクロスレンチで締めつけたらもう締めすぎです(*_*)

 

 

 

なので規定の力で締めてあげないと後々走行中に割れたりしたら…

 

 

恐ろしいですね…(>_<)

 

 

 

 

こんな感じでトルクレンチを使ってあげると理想です

 

 

コレでボスは装着できたので社外のハンドルを付けます!!

 

今回あたしが選んだハンドルは「D1 SPEC deep70 ブルーステッチ」

https://fortune03.com/d1spec/2011/03/d1-spec-deep70.html

 

お財布に優しいコスパのいいハンドルです♡

 

元々70mm手前にオフセットされているのでハンドルが手前に来ます

 

一気にスポーティ♡カッコいいです(*´꒳`*)

 

まるでこの写真だけならスポーツカーみたい!!

 

遠かったハンドルも近くなって素晴らしい!!

 

 

これでもまだ手前にハンドルを持ってきたければ、ハンドルとボスの間に挟む「スペーサー」も販売されています

 

 

とりあえずコレで試運転だ!!

 

 

 

 

※エアバックを外すことにより任意保険の内容に変更がある場合があります、取り付ける前に契約会社へ必ずご確認ください

 

 

 

 

 

 

 

 

ハデブラ!!

カテゴリ:商品紹介 サーキット走行