スタッフ日記

スタッフがさまざまなテーマでクルマに関する情報をお伝えします。

レインバトルは気をつけて

【マツダ キャロル その他 タイヤ・ホイール関連 > 商品紹介】
2020年10月22日

犠牲はつきもの

 

お金がなくても車はいじりたい!!

 

というおバカなあたしの思考回路はどうにかならないものでしょうか

 

 

 

 

 

無理そうなので

 

 

愛車のキャロルさんのカスタムをしていきます

 

 

 

 

今宵は休日、カスタム日和

 

 

 

 

前から気になっていて付けようか付けまいか迷っていたものがあるんです

 

 

コレです

 

クスコ スポーツアクセルペダル

https://www.cusco.co.jp/products/etc-parts/_zc33sha36s.html

 

 

このパーツ

 

HA36系アルトワークス、ZC33系スイフトスポーツ専用品でボルトオンの優れもの

 

前86に乗ってた頃にもお世話になった一品

 

なかなかいいんですよ♡

 

 

 

ちなみに

 

「ボルトオン」とは??

 

 

穴開けたり切断したりなど加工をせずに取り付け可能、「ポン付け」とも言います

 

 

 

なので無加工でいけるんですが…

 

 

 

あたしの車はワークスでもなければターボも無しで、もっと言うならアルトですらありません笑笑

 

 

 

アルトワークスのスポーツグレード以外は適合が取れていないため、人柱になるしかないわけです

 

色々調べて回ったんですけどやってる人いなくて(*_*)

 

 

 

 

なのであたし、人柱になります!!

 

 

 

 

というわけで、早速やっていきます♪♪

 

 

※取扱説明書をよく読んで作業を行なってください

 

 

 

 

まず12ミリのボックス、ラチェット、エクステンション、6角レンチ、小さいモンキーかスパナを用意

 

 

 

多分なんですけど、アクセルユニットごと外した方が作業が楽です

 

外さなくても出来ますが作業しにくいかと…なんせ狭い!!

 

 

 

 

というわけで、あたしはユニットごと外しました、狭いとデブなので挟まります笑笑

 

 

あ、そうそう、念のためアクセルユニット外すときにバッテリーのマイナス端子を抜いておきましょう!!

 

万が一ショートしたり、エラーコードが残ったり、警告灯が点灯してしまったりする恐れがありますので( ゚д゚)

 

 

 

ささ、足元に潜って…

 

アクセルペダルを固定しているマウントからユニットを外します

 

 

この2個のボルトを緩めれば外れます

 

そしてその後に上部のコネクターを優しく外します

 

優しく!!ですよ!!

 

大事なことなので2回ry…

 

 

最近は電子スロットルなので配線なんですねぇ

 

コネクターとナット二個外せば外れます

 

 

 

外は雨なので部屋の中でやりますよー

 

 

まずアクセルペダルの油分と汚れをしっかり落とします

 

そのあと付属のゴムパッドを貼り付けます

 

 

そして説明書に従い、アクセルに噛ませる金具で固定していきます

 

 

青い丸がその付属の金具

 

アクセルペダルの形状を観察する限りアルトワークスと同じに見えるんですけど…

 

 

 

そして付属のナットと皿ネジで固定していきます

 

ここで固定できなかったら試合終了ジ・エンド、人柱失敗に終わります!!

 

 

 

ドキドキ…

 

 

 

 

!!!!

 

 

 

 

固定できました!!

 

 

 

しっかり金具もアクセルペダルに噛み付いてます!!

 

やったぜ!!!

 

 

 

そうしたらあとは逆の手順で車にアクセルペダルユニットを戻していき、バッテリーを繋いだら完成です!!

 

 

か、カッコいぃ♡

 

すっごいスポーティな足元になりました(〃ω〃)

 

 

こりゃサーキット走行や峠のワインディングロードが捗りそうです♪♪

 

 

では、宮ヶ瀬に行って参ります(^_−)−☆

 

 

 

 

今回使用した品番はこちら

 

 

今回取り付けしたあたしの愛車

 

「HB36S キャロル1型 2WD MT車」には取り付け可能でしたので、同じ条件のターボ無しアルトもいけると思いますが!!

 

あくまでも「適合外」のパーツになりますのでご了承ください

カテゴリ:用品 小物 レジャー、グルメ、日常 商品紹介