サービス事例

当社で手がけた技術サービス事例をご紹介します。

トヨタ車ATF(CVTF)レベルゲージレス車両へのオートマチックオイル交換

【トヨタ ラクティス メンテナンス商品 オイル関連 > ATF交換】
2019年3月14日

トヨタ車にお乗りの皆様(^^)/

お待たせしました!!

10年ちょっと前位からトヨタの車には

ATF(オートマチック・トランスミッション・フルード)

オートマオイル

レベルゲージが付いていない車種がほとんどです、

今回のラクティス(2代目型120系)

2010年~2016年まで販売されていた

車種なので、そんな1台です。

「そう言えば前のクルマはよくオートマオイルの

交換を勧められたのに今のクルマになってから

勧められなくなったな・・・」

と、思っている方もいるでしょう!

何故なら交換しようにもゲージが無いからなんです((+_+))

一般的にオートショップやガソリンスタンドでは

ATFの交換をレベルゲージを引き抜いた穴から

行いますから・・・当店もそうでした。

 

ではっ!最近のトヨタ車には

ATFが使われていないのか!?

そんなことはありません(>_<)

昔も今もATFの重要性は変わりません!

実際トヨタ車の販売店には

今もATF交換のメニューがあります。

ただ・・ゲージレス車の場合

すごく手間がかかるんです。

 

そこでタイヤ館勝田台では

新兵器!

『ATF下抜き用専用アダプター』を導入!

今まで当店では交換作業が不可能だった

ATFのレベルゲージは無い

最近のトヨタ車のオートマオイルの交換を

可能にしました(*^-^*)♪

 

交換手順を紹介致します。

まずは車をリフトアップ

ATF(CVTF)のオイルパンにねじ込まれている

ボルト(写真赤マル)を確認します

近くにCHECKの文字が刻まれているのが

目印です。

ATFの交換は油温の管理が重要なので

非接触タイプの温度計を使い

ATFの温まり具合を見ていきます

油温が適正になったらボルトを外します

ホルトを抜いてもエンジンオイルのように

ドバーっとは出てきません、

オイルパン内部ではボルト穴から

上に向かってストロー状のノズルが

伸びており、適量をオーバーした

余剰分だけが落ちる仕組みになっています

ここに新兵器のアダプターを装着!

さらにATFチェンジャーのホースを接続!

後は当店のATFチェンジャー

『エコダッシュ5』くんにお任せです(*^-^*)

外したドレンボルトの

パッキンを新品に交換して、

油量を確認してボルトを

規定トルクで締め付けたら交換完了です(*^▽^*)

 

ゲージ穴から交換できる車両に比べ

多少新品オイルへの置き換え効率は

落ちますが、使う新油の量を増やせば補えます。

気になる方は是非

勝田台店スタッフまでお問い合わせください♪

 

 

なお、トランスミッションは非常にデリケートな

部品で構成されている為、ATF交換には

走行距離や使用年数などの条件があり

交換をお断りさせていただく場合もございますので

ご了承ください。

 

 

 

 

タグ: トヨタ車 ATF交換 CVTF交換 オートマチックオイル交換 オートマオイル交換

レベルゲージ無し 下抜き 八千代 勝田台 佐倉 千葉県

カテゴリ:オートマチックオイル交換 

担当者:宇尾野