商品情報

おすすめの商品をご紹介しています。
掲載されていない商品やサイズ・在庫の情報につきましては、お気軽にお問い合わせください。

その他の商品について

その他にもお取扱いしております。また該当サイズがあるかどうかなど、事前にショップまでお気軽にお問い合わせください。

タイヤ

『疲れにくい』という新たな安全性能 『Playz PXシリーズ』新発売

運転時のハンドルのふらつきを抑制し、運転中に無意識に溜まる"疲れ"を軽減することで、お客様の更なる安全運転に貢献する新商品『Playz PXシリーズ』が2月1日から順次発売となります。

 走行中の車は、路面の段差や凸凹などの影響を受けて左右に動くことから、運転中のドライバーは無意識に細かなハンドル操作を行っており、この無意識のハンドル操作がドライバーのストレスを蓄積させ、疲れさせる要因のひとつになっています。

 今回発売となる『Playz PXシリーズ』は、タイヤのIN側とOUT側のサイド部を異なる形状とすることで、運転時のハンドルのふらつきを抑制する当社独自技術『非対称形状』を搭載しています。これにより、路面との接地を安定させ、運転中の細かなハンドル操作(操舵角の修正)を少なくすることでドライバーの運転中に無意識に溜まるストレスを軽減し、 "疲れにくい"を実現することで、更なる安全運転に貢献します。
 
 また、ブリヂストン独自の材料技術『Nano Pro-Tech』により、新たに開発した新コンパウンド『パワートレッドゴム』を採用しています。これにより、濡れた路面での滑りにくさや低燃費性能を犠牲にすることなく、ゴムのすり減りにくさを高めることに成功しています。さらに、セダン・クーペ、ミニバン、軽・コンパクトカー毎に、専用設計された新パタンと組み合わせることで、当社スタンダードタイヤ(ECOPIA EX20シリーズ)と比べ、より長く、タイヤをご使用いただけます。

『REGNO』ブランド初の軽自動車専用タイヤ『GR-Leggera』新発売

プレミアムブランド『REGNO』において、初めての軽自動車専用タイヤ『REGNO GR-Leggera』が2016年2月15日から発売となります。本商品は、軽自動車向け商品ラインアップにおいて、最も優れた静粛性と快適な乗り心地を実現、これによりお客様にワンランク上の快適な車内空間を提供します。

『REGNO GR-Leggera』は、これまで長きにわたり『REGNO』で培ったサイレントテクノロジーを、初めて軽自動車向けに専用チューニングしています。これにより、街乗りから高速走行まで幅広いシーンで使用される軽自動車においても、様々な速度域でノイズを抑制することに成功、『REGNO』の名に相応しい、より静かな車内空間を提供します。また『REGNO GR-Leggera』専用に開発したパタンやタイヤ形状、構造により、ハイト系など多様化が進む軽自動車においても、車両のふらつきを最小限に抑えることで、快適な乗り心地や操縦安定性を実現しています。

 さらに、街中での小回りや、停車状態でハンドルを切る据え切りによる"偏った摩耗の発生"や、軽自動車タイヤの径は普通乗用車と比べて小さいため、同じ距離を走るにも回転数が1.2倍になることから、早く減りやすいという特徴に配慮しています。当社独自のタイヤ開発技術『ULTIMAT EYE』より、タイヤが路面に接地する力を均等化、偏った摩耗の発生を抑制するとともに、また摩耗ライフも当社スタンダードタイヤ(ECOPIA EX20C)と比べ、10%向上しています。あわせて濡れた路面での滑りにくさも確保しており、これまで以上に、より安全に長く、タイヤをご使用いただけます。

すべての性能を磨き上げ、"最高"の走りを追求 『REGNO GR-XI」「REGNO GRVⅡ』

『REGNO GR-XI / REGNO GRVⅡ』は、滑らかな路面から荒れた路面まで"路面ごと"に異なる「気になりやすいノイズ」を低減する新技術を搭載しました。タイヤ踏面部の溝の中で発生したノイズを低減する「ダブルブランチ型消音器」や路面からの振動を抑え車内へのノイズの伝わりを抑制する「ノイズ吸収シートⅡ」により、従来品と比べ騒音を低減し優れた静粛性を実現しています。
更に当社独自技術「アルティメット アイ」を駆使し、車種別に異なる、タイヤに求められる性能を高次元でバランスさせています。「GR-XI」はタイヤ接地面に発生するコーナリング時の力を計測し、その結果を基にセンター部の接地性を向上させることで、高い操縦安定性を実現しています。これにより、静粛性を犠牲にすることなく、車両のふらつきを最小限に抑えることで優れた乗り心地を実現しています。
また「GRVⅡ」は、ブレーキ時の力を計測し、その結果を基に踏面部のブロック剛性と排水性を最適化することで、従来品「GRV」と比べ、転がり抵抗を18%低減、ウェットブレーキ停止距離も14%短縮しています。

詳しくはブリヂストンのホームページにて。

史上最速のPOTENZA RE-71R 誕生

「RE-71R」は、ブリヂストン独自技術「アルティメット アイ」を駆使し、サーキット走行で想定されるタイヤの動きを細部まで計測。この結果を基に、サーキット走行での性能を最大限に発揮すべく、モータースポーツ用タイヤ開発で培った技術により、路面との接地性を高めることでハイグリップを発揮する新開発のゴムを採用しました。このゴムにより路面に吸い付く様にグリップすることが可能となり、従来以上の高いグリップ力を発揮します。
 更に路面と接地する面積を最大限確保する新パタンを採用することで、サーキット走行で重視されるドライ路面でのグリップ力、コントロール性を高次元で両立。これにより従来品「RE-11A」と比べ、サーキット走行時の最速ラップタイムにて、1.4%の短縮を実現しています。

 ブリヂストンの「POTENZA」は「POTENZA RE71」が、1986年に国内タイヤメーカーで初めてポルシェ、フェラーリに新車装着されたことをきっかけに、現在はハイパフォーマンスカーのオーナー、スポーツ走行愛好層など多くのお客様にご好評をいただいているスポーツタイヤブランドです。今回の新商品は現在もお客様から愛されている「RE71」の性能、情熱を引き継ぐという意味を込め、「RE-71R(R=Racing)」と名付けています。

詳しくは、ブリヂストンのホームページにて。

スポーティータイヤ『POTENZA Adrenalin RE003』

優れた運動性能を追求することにより、お客様に走りの楽しさを提供する新商品『POTENZA Adrenalin RE003』
発売サイズは15インチから20インチまでの32サイズで、スポーツカーのみならず、セダンやミニバンなどをご使用されるお客様でスポーツ志向の高い方のニーズに対応します。
 今回発売する「Adrenalin RE003」はモータースポーツ用タイヤ開発で培った、高いブロック剛性と排水性の両立を図った新パタンを採用することで、高速走行時から通常の街乗りに至るまで軽快なハンドリング性能を発揮、お客様にスポーティーな走りを提供します。また乾いた路面のみならず、濡れた路面でのグリップ力も高度に追求したシリカ配合ゴムを採用、これにより雨の日のドライブもサポートします。

詳しくは、ブリヂストンのホームページにて。

背の高い『ハイト系軽自動車専用』低燃費タイヤ エコピアEX20C TYPE H

「雨に強く、長持ちし、背の高い軽自動車でも
ふらつきにくいハイト系軽自動車専用低燃費タイヤ」
ハイト系軽自動車専用設計を採用することで、街中での小回り・据え切りによる偏摩耗(片減り)に配慮するとともに、背の高い軽自動車特有のふらつきを抑制。
全高1700mm以上のお車にお勧めです。

タイヤサイズは『165/55R15 155/65R14』の2サイズです。
 
ハイト系軽自動車代表車種

ホンダ  N-BOX
ダイハツ タント
スズキ  スペーシア
ミツビシ eKスペース
マツダ  フレアワゴン
日産   DAYZルークス


詳しくはブリヂストンホームページにて。