スタッフ日記

スタッフがさまざまなテーマでクルマに関する情報をお伝えします。

パンク

2019年9月3日

初めまして。新人のスギモンです。

当店では毎日のようにパンクによる入庫にがございます。
釘やビスなどの異物が刺さる事によるパンクの他に、空気圧不足によるセパレーションなどもございます。

お車を運転する上で突然起こるのがパンクでありますが、パンクをしてエアが不足したまま走ってしまいますと、修理出来ない状態までタイヤが壊れてしまいますので、出来る限り車を動かさないようにし速やかにスペアタイヤに交換する事が望ましいです。

とはいえ、最近はスペアタイヤが装備されていないお車も多数ございます。その場合には、速やかに車を停止させて頂き、任意保険に付帯するロードサービスやJAFに連絡をして下さい。JAFであればとりあえず走れるようにしてもらえる場合もございますし、ロードサービスを利用すれば当店のようなタイヤ専門店に運んでもらえます。

当店ではパンク修理においてもしっかりとタイヤの状況を確認させて頂き修理をさせて頂いております。

写真はパンク後に走行しセパレーションを起こしてしまったタイヤです。このようになってしまうと修理する事が出来ません。

 

担当者:スギモン

カレンダー

2020年 8
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031