サービス事例 / 2017年11月

当社で手がけた技術サービス事例をご紹介します。

いざ冬タイヤに履き替えようと思っても、まだこのタイヤが使えるかわからない…
タイヤは年数で劣化し、ゴムが硬くなります。
冬タイヤはやわらかさが命なので、夏タイヤよりも硬さ(硬度)の点検が必要です。
また、普通のタイヤの溝の限度に加えて、冬タイヤとして使える溝の限度もあります。
当店ではタイヤの履き替え時にそういった硬度や溝のチェックをしています。
見た目ではわからない部分まで器具を使ってしっかりチェ...

担当者:け

本日はオイル交換希望のお客様が3組ご来店されました。
無料で安全点検をさせていただいているのですが、
なんと、3件中2件がバッテリーが要交換!!
寒くなって来て寿命を迎えていたのです。
これから寒い日が続きバッテリーの電圧が低下する事が考えられます。
一度点検をすることをオススメします。

担当者:け

1年間に5000kmも乗らなくても、タイヤの接地角度は変化します。
路面の凹凸、コンビニやスーパーに入る際の段差。
お車に乗る以上、こればかりは避けようがありません・・・
日々繰り返し、タイヤには様々な衝撃がかかっているのです。
車に乗られる方からしたら、「事故もしてないし、ぶつけてもいないから」
とお思いでしょうが、前輪の左右のタイヤを見比べて見てください。
左右で減り方が異なっていたら、それはアライメント(接地角度)...

担当者:S

今日はパンク修理の作業をご紹介します。
パンクの状態を見て、タイヤがつぶれたまま走った形跡もなし、穴の位置が真ん中に近かったので、よくある外面修理ではなく内側からパッチを当ててしっかり止める方法をご提案しました。
一度タイヤとホイールをばらして中を確認し、ドリルで穴を広げたりタイヤ内部を削ったりして、内側から穴をふさぎました。
空気を入れるとタイヤの内圧でパッチが押されてしっかりと張り付くため、た...

担当者:け