サービス事例

当社で手がけた技術サービス事例をご紹介します。

アイドリングストップ車両のバッテリー交換

【メンテナンス商品】
2019年9月23日

近年、アイドリングストップ車 が増えてきていますが、バッテリー交換の際は注意が必要です!

 

 

 

アイドリングストップ車 には、必ず ” アイドリングストップ車対応バッテリー ” の搭載が必要です。

 

しかし、軽自動車のアイドリングストップ車でもこれまでの軽自動車のバッテリー交換とは費用が大きく異なります。

 

バッテリー本体の価格も、1.5倍 ~ 2倍 くらい価格差があるのですが、時々お客様が値段にビックリ!されるケースがございます。

 

以前に軽自動車にお乗りの女性のお客様が来店されて、「 バッテリーがダメになってしまって、ロードサービスを呼んで対応してもらったんだけど、” このバッテリーはこの車には合っていませんよ!”  って言われて・・・ 」との事。

 

搭載されているバッテリーを見させていただいたら、アイドリングストップ車 なのに ” アイドリングストップ車対応バッテリー ” ではない物が付いていました。

 

しかも交換した年月が記載されていて、約7ヶ月前に交換した物でした。

 

お客様に交換した経緯をお聞きしたら、「 車検の時にディーラーに言われたんだけど、すごく高い金額を言われたもんだからディーラーでは交換せずに、お父さんがホームセンターで買ってきた物に交換してくれた。」とのお話でした・・・

 

ロードサービスの方がお話した事を詳しく説明をして、専用バッテリー への交換が必要な状況を理解していただき即交換となりましたが、お客様にとっては 最初にホームセンターで買ったバッテリー アイドリングストップ車対応バッテリー と、もったいない出費となってしまいました。

 

アイドリングストップ車 に非対応バッテリーは取り付けも出来るし、その後も普通にエンジンもかかるのですが、ある日アイドリングストップ機能が働かなくなり、そしてダメになってしまいます!

 

昔の車とは違って、『 充電制御車両 』 『 アイドリングストップ車両 』 『 ハイブリッドカー 』 が当たり前の時代になっています。

 

それぞれ専用の部品が不可欠となっていて、金額も高額!! となっています。

 

高いからといって対応外の物を安く付けてもすぐに使い物にならなくなってしまいます。

 

それこそ、余計な出費となってしまうので、交換には専門の知識を持った店員さんがいるお店で行なう様にして下さい。

 

#バッテリー交換

#アイドリングストップ車 対応バッテリー

#充電制御車 対応バッテリー

#ハイブリッド車 専用バッテリー

#静岡市葵区 バッテリー交換

 

 

カテゴリ:バッテリー交換