サービス事例

当社で手がけた技術サービス事例をご紹介します。

BLE レガシィ リフレッシュ!!

【スバル レガシィ パーツ取付 > BE/BH BP/BLレガシィ 純正ビルシュタインオーバーホールメニュー】
2017年4月25日

今回はBLE レガシィ の リフレッシュです。

このリフレッシュ作業は遠方からのご来店も非常に多い作業です。

 

純正のオーバーホール&仕様変更を行う都合上、

純正ショックが下取りとなります。

 

出来れば、一度点検させて頂き、下取りが可能かどうか、

その他必要な部品がないか確認させて頂けると幸いです。

 

只今、ご好評につき、納期が約3週間から1か月ほどかかっております。

ご迷惑をお掛け致しますが、ご了承くださいませ。

 

ただ、通常のオーバーホールとは違い、入荷取付までは、そのままお乗り頂けます。

 

さて、本題です。

ビルシュタイン テクニカルセンター(BTC)にてオーバーホール&仕様変更される、

当店のオリジナル ショックアブソーバーは、シリアルナンバーにて管理されています。

今回のスペックⅡは、ダウンサス対応のスポーツショックアブソーバー。

純正形状なので、異音の発生や乗り心地の悪化を抑えて、スポーティーなハンドリングや、

走行安定性を実現しています。

ダウンサスは15mm~25mmダウンのスポーツスプリングを想定しています。

 

そこに約20mmダウンの実績のあるプローバのスポーツスプリングをセット。

乗り味や、ハンドリングもさることながら、カラーリングも秀逸かと思います♪

勿論リフレッシュですので、アッパーマウント&ラバーシートも純正新品でセットです。

 

ベアリングの劣化では異音の発生の原因ですし、ラバーの劣化はストロークダウンにつながり、

乗り心地を悪化させてしまいます。

 

では、お取付です。

フロント

リア

 

外した純正の足回り。

ショックのガス圧が抜けストロークがダウンし、初期の動きが良すぎるせいで、

底突きしやすく、乗り心地が大きく低下してしまいます。

 

オーバーホールの目安は、性能維持を考えると本来5万キロほどです。

定番の STI リアサスペンションリンク

トラクション向上と、リアの乗り心地が改善されます。

トラクションがリアに寄ることで、ハンドリングもナチュラルな特性になるのも特徴です。

 

そして今回は、

柿本 改 のセンターパイプをお取付。

NA 6気筒の滑らかな音が強調され、大きくはないですが音質が変化。

スバルの6気筒は意外とレーシーな音を奏でるので、カッコいいですね♪

因みに外した純正です。

 

最後に、もちろんアライメント作業と、試乗を行い作業終了です。

 

カテゴリ:スバル車 レガシィ関連 足回り・サスペンション関連 用品取付関連