スタッフ日記

スタッフがさまざまなテーマでクルマに関する情報をお伝えします。

C-HR スタッドレスタイヤ&ホイールセットお取付♪(20171225)

【トヨタ C-HR タイヤ その他 > スタッドレス・メンテナンス】
2017年12月25日

ご覧の皆様、こんにちは♪

川口市坂下町

武南警察署向い

タイヤ館122鳩ヶ谷よりお送りいたします!

 

今回は、大人気車種 トヨタ C-HR に

スタッドレスタイヤ&ホイールセットお取付です♪

C-HR 参照wiki

次世代世界戦略クロスオーバーSUVとして、2016年12月14日に発売。

以前からクロスオーバーSUVを示唆していたコンセプトカー「C-HR Concept」、

TOYOTA GAZOO Racingがニュルブルクリンク24時間耐久レースに投入した、

「C-HR Racing」の市販版。

 

日本国内のトヨタにおいては2016年に生産終了した3代目RAV4以来となる3ナンバーサイズの

クロスオーバーSUVである。

ニュルブルクリンクを始めとする世界の様々な道での走行テスト・欧州の一般道路での

ステアリングやショックアブソーバーのチューニングなど、同価格帯のコンパクトSUVとしては

珍しく、運動性能にこだわって開発された。「レスポンス」・「リニアリティ」・

「コンシステンシー」を突き詰めることで、コンセプトである「我が意の走り」を徹底的に追求し、

C-HRならではの「味付け」がされている。

 

リアサスペンションはダブルウィッシュボーン式でダンパーはザックス社の評価の高いものを

用いており、高いボディ剛性とともに乗り心地の良さに貢献している。また、プリウスでは

ゴム製だったプッシュを金属製に変えてハンドリングを向上させた

エンジンは2WD車と4WD車で別になっており、2WD車はプリウスと同じ1.8Lハイブリッド、

4WD車は1.2Lターボと、2種類用意される。


プラットフォームは2015年発売の4代目プリウスから採用を始めた新プラットフォーム

「TNGA」(TNGA-Cプラットフォーム)を採用、そのプリウスのプラットフォームの

ホイールベースを短縮したものを使っている。TNGAプラットフォーム使用のモデルとしては

二台目の車種となる。


空力面ではデザインを犠牲にしないため、通常取り付けられるサイドスポイラーではなく

リアスポイラーを装着した。また空力開発にあたり車の下側も一から再設計した。


安全性能については、SRSエアバッグ、SRSサイドエアバッグ、SRSカーテンシールドエアバッグを

全車に標準装備したほか、衝突被害軽減ブレーキなど複数の安全機能をパッケージングした

Toyota Safety Sense P を全車に標準装備した。

 

C-HRが属するコンパクトクロスオーバーSUV市場は、他市場に比べ内外装デザインを

重視するユーザーが多いため、デザインにも徹底的にこだわっている。

外形デザインは、デザイナーの想いをそのままの形で実現することを目指して開発。

「センシュアル スピード-クロス」をキーワードに、スピード感あるキャビン形状・

彫刻的な面造形・「ダイヤモンド」をモチーフに強く絞り込んだボディと大きく張り出した

ホイールフレアの対比など、独創的なスタイルを追求している。

そこにトヨタのデザインモチーフ「キーンルック」やアンダープライオリティなどの

エモーショナルなデザイン表現により、軽快さと力強さが大胆に融合した個性際立つ

スタイリングを実現した。コンセプトカーに極めて近いデザインであることも評価が高い。

このダイナミックなデザインは世界でも高く評価され、ワールドカーデザインオブザイヤー

2017の最終選考3台のうちの1台に選ばれた。

 

かなり、内外装だけではなく、シャシーや足回りなど拘って作られたお車です♪

 

タイヤは、まだまだ一線級の性能を誇る、ブリザック VRX

サイズは215/60R17 にてセットさせて頂きました!

 

折角のSUV。やはりアクティブに走りたいものですよね♪

しかし、乗り心地や静粛性も昨今のSUVには求められていますので、

乗用車用ブリザックをお選び頂きました。

 

ご使用方法や、好みなどに合わせてスタッドレスタイヤも

ご提案させて頂きます♪

お気軽に、ご相談くださいませ♪

 

本日はありがとうございました!

また、100km点検にてお待ちしております!

カテゴリ:スタッドレスタイヤ関連 クルマニアック