スタッフ日記

スタッフがさまざまなテーマでクルマに関する情報をお伝えします。

新型 XV スタッドレスタイヤ&ホイールセットお取付♪(20171224)

【スバル XV タイヤ その他 > スタッドレス・メンテナンス】
2017年12月24日

ご覧の皆様、こんにちは♪

川口市坂下町

武南警察署向い

タイヤ館122鳩ヶ谷よりお送りいたします!

 

今回は スバル 新型XV に スタッドレスセットお取付です♪

3代目 GT系(2017年 - ) 参照wiki

2017年4月6日に3代目へのフルモデルチェンジを発表(5月24日販売開始)。

株式会社SUBARUへの社名変更後初の新型車となる。


デザインは5代目インプレッサで初導入した共通フィロソフィーである

「DYNAMIC × SOLID」を採用。外観はフロントはヘキサゴンモチーフを基本にした

グリルに幾何学テクスチャーを施し、ポジションランプはBOXERエンジンのピストンの

イメージを表現するため、グリルの横バーとの連続性を持たせ、ランプ全体を薄型で

シャープな形状とした。サイドはフロントフェンダーからドアパネル・リアショルダーまで

繋がるラインとリアに向けて跳ね上がるドアパネル下部の2つのキャラクターラインを設け、

フロントバンパー・ホイールアーチ・サイドシル・リアバンパーには動きのある形状とした

マットブラックのクラッディングを施した。リアはコンビランプを左右に大きく張り出し、

スポイラーにブラックを採用。アルミホイールは新デザインに変更した。

ボディカラーは新色の「クールグレーカーキ」と「サンシャインオレンジ」の2色を追加した。

内装はブラックとグレーを基調にアクセントとしてオレンジステッチを施し、

インストルメントパネルは抑揚を持たせた大胆な造形に変更。シートトリムは4種類を設定した。

全高は2代目同様に1,550mm(オプションのルーフレール非装着時)に抑えられており、

ほとんどの機械式立体駐車場に入庫できるようにしている。


最低地上高は2代目同様に200mmに設定し、アプローチアングルを最適化。

また、ドアは直角近くまで大きく開き、ドア開口部も広くなった。


安全装備面では、2代目のD型から導入された「EyeSight(ver.3)」を全グレードに拡大して

標準装備し、2代目のE型から継続採用されるハイビームアシストや

スバルリヤビークルディテクション(2代目同様「アドバンスドセイフティパッケージ」として

一部グレードにオプション設定)に加え、ステアリング操作に応じてヘッドランプ光軸が左右に

動くステアリング連動ヘッドランプ(グレードによりオプション設定又は標準装備)、

旋回時のライントレース性を高めて危機回避とコーナリング性能を向上する

アクティブ・トルク・ベクタリング(全車に標準装備)を新たに採用。

全車速対応クルーズコントロールのみならず、ステアリングを自動的に操作して車線中央を

維持する機能も追加された。この機能は60km/h以上で作動するようになっている。

エアバッグは乗員保護用に運転席SRSニーを加えて7つに増やすと同時に、

5代目インプレッサで初採用した歩行者保護エアバッグを全車標準装備した。

パーキングブレーキはモデル初となる電動パーキングブレーキを全車に標準装備した。


新プラットフォーム「SUBARU GLOBAL PLATFORM」の導入により、

操舵応答性と操舵安定性を飛躍的に向上し、車線変更時などで操舵に対してクルマが

リニアに反応。併せて、衝突時のエネルギー吸収量を2代目比1.4倍に増大。

ボディ構造の最適化と高張力鋼板の適切配置と相まって重量増を抑えながら全方位での

衝突安全性を向上した。併せて、ボディはフレームワークを一新するとともに、

プラットフォームと上屋骨格の結合強化、リアフレームとサイドシルの結合構造見直し、

構造用接着剤の採用などによってボディ全体の剛性を向上し、振動騒音を抑制。

サスペンションはフロント・リア共に改良。構造刷新により大幅な剛性アップを行うとともに、

フロントはクロスメンバーの構造を変更してエンジンマウント取付部の剛性を向上して振動を遮断。

リアはサブフレームブッシュの形状工夫によりブッシュを硬くすることなくサブフレームの

ロールを抑制することで運動性能と振動騒音の低減を両立した。

また、取付部剛性も高めたことでダンパーをしっかりと可動するようにし、

ダンバーの減衰力も最適化。リアスタビライザーを車体に直接取り付けることで

サブフレームへの入力を減らして車体の揺れを抑えた。

 

新型プラットフォームは事実評判が良いですね♪

リアスタビライザーの取付位置はこういう意味があったんですね♪

 

タイヤサイズは純正225/55R18 先代よりも一回り大きいです。

スタッドレスタイヤはインチダウンの225/60R17に変更。

もちろんタイヤはSUV専用の ブリザックDM-V2 にてセットです♪

 

タイヤの偏平率(タイヤの厚み)がある程度ある方が、

轍にとられにくくなるので、圧雪路などの凍結路面の轍などに、

その効果を発揮します。

 

使い方に合わせて、タイヤサイズを選定すると、使いやすくなりますね♪

 

本日はありがとうございました!

また、100km点検にてお待ちしております!

 

開催中!!

スタッドレスのご購入や・履き替え・タイヤ点検・チェーンのご用意などなど

さらには、お出かけ前のメンテナンスなどの準備をお手伝い!

 

お気軽にお立ち寄りくださいませ♪

 

 

カテゴリ:スタッドレスタイヤ関連 クルマニアック セール お買い得情報