スタッフ日記

スタッフがさまざまなテーマでクルマに関する情報をお伝えします。

ランドクルーザー 60 オイル交換&タイヤローテーション&ワイパー交換♪(20171206)

【トヨタ ランドクルーザー メンテナンス商品 オイル関連 > エンジンオイル交換】
2017年12月6日

ご覧の皆様、こんにちは♪

川口市坂下町

武南警察署向い

タイヤ館122鳩ヶ谷よりお送りいたします!

 

今回は ランドクルーザー 60 のメンテナンスです♪

60系(1980年 - 1990年) 参照wiki

1980年8月、ステーションワゴン、55型の後継車種として登場。ランクル40系から脱却、

独立して本格ステーションワゴンを目指したモデルである。フロントの独立フェンダーを

廃止することで先代のイメージは完全に払拭され、当時北米で人気だったステーションワゴン然

としたスタイルに生まれ変わった。このボディーの基本デザインはこの後も大きく変わらず、

クロームメッキバンパーやリアゲートに上下開きタイプが追加されたり、ドアミラーの採用や

ハイルーフ仕様の設定、サイドステップやオーバーフェンダーの設定など、時代に合わせた

装備の追加、変更が数多く行われた。


デビュー当初から前期の60系に設定されていたボディカラーは、ホワイト、

フリーボーンレッド、トラディショナル・ベージュ、フィールライクブルーの4色。

HJ60Vなどにハイルーフ仕様が設定された後期型になると、上級グレードに

ワイルドステージ・トーニング(シルバーと濃紺系メタリックの2トーンカラー)や

ベージュメタリック(濃いブラウン系メタリック)が加わり、オプションでそれぞれのカラーに

合わせたサイドストライプ(塗装ではなくデカールのステッカー)が用意されていた。


拡大されたボディーの恩恵を最大限に利用して居住性の向上が図られ、

インテリア面でもそれまでのモデルからラグジュアリー性が高められており、

室内カーペットなど乗用車化が進んだ。とりわけ「Gパッケージ」と呼ばれる

上級装備オプションの設定や、後期モデルから行われた装備やトリムの違いによる

グレード設定も、インテリアの進化を加速させる。また、上級グレード装備やオプション

装備の中には、電動アジャスタブルシートや電動ムーンルーフ、フロントシートヒーター、

オーバーヘッドコンソールといった豪華装備も用意され、

その後の贅沢SUV路線に先鞭を付けた。

 

しかも逆輸入車の左ハンドル車。

なかなかに珍しいお車です♪

 

 

今回の作業内容は

オイル交換・前後ワイパー交換・タイヤローテーション作業でした。

 

タイヤは 31x10.5R15 という

フローティングタイヤと言われる種類のタイヤ。

砂地や泥などで浮きやすく造られている特殊なタイヤですが、

トラック規格タイヤになりますので、本来タイヤとしては

空気圧を300~350Kpaほどで管理して頂きたいタイヤ。

 

結構メーカー指定圧は低めなのですが、

タイヤを傷めやすいので高めの管理をお願い致します。

 

カテゴリ:メンテナンス関連 名車紹介 タイヤマニアック