スタッフ日記

スタッフがさまざまなテーマでクルマに関する情報をお伝えします。

タイヤはもちろん!足回りにも拘りあります!

【パーツ取付 > 足回り関係取付】
2017年10月2日

ご覧の皆様、こんにちは♪

川口市坂下町

武南警察署向かい

タイヤ館122鳩ヶ谷よりお送りいたします♪

 

今回は 足回りの拘り! です♪

例えば当店ではビルシュタインなど、拘りのあるサスペンションを良く取り付けします♪

 

リフレッシュも多い為、取付用のボルトに腐食などがあることもしばしば・・・。

あまりにひどい場合は交換が必要ですが、このままつけるのも・・・。なわけで、

こんな感じで清掃を行い、高荷重に耐えかじりを防止するスレットコンパウンドを塗布して、組付けます。

取付の精度もありますし、次にリフレッシュするときにもかじりにくく外しやすいメリットもあります。

同様に取着けられる側。

ボルトが通る穴や、取付面の腐食もあります。

ボルト同様に穴側も清掃。こちらは精度向上に効果があると思います。

取付面側は、凸凹していれば浮いてしまうので、問題はないですが、

厳密には取付剛性に差が出てくると思います。

 

ちょっとの事ですが、そうした方が良いと思うと行ってしまう作業です。

 

もちろん追加料金などはありませんが、ちょっと時間が追加されてしまいます。

状態的に必要のないお車もありますので、その場合はスレットコンパウンドのみです。

 

状態によりけり、必要な作業を行っていますので、お時間を頂ければ幸いです。

 

 

カテゴリ:足回り談義 クルマニアック