スタッフ日記

スタッフがさまざまなテーマでクルマに関する情報をお伝えします。

大宮 氷川神社 参拝。

2017年9月7日

ご覧の皆様、こんにちは♪

川口市坂下町

武南警察署向かい

タイヤ館122鳩ヶ谷よりお送りいたします♪

 

今回は、私事ですが・・・。

大宮 氷川神社へ お参りに行ってきました。

 

同じさいたま市内なのですが、そういえば一度も行った事が無く・・・。

 

まずは、車で大宮駅まで行って、

ルミネできしめんを食べてから出発です。

 

「田むら」というきしめん・甘味処なのですが、

もともとは、Loftの裏道にあった、レトロなところ、

気付いたらルミネの中のみになっていました。

 

自身が最後に行ったのは、高校生の頃なので、

実に20年ぶりくらいでした・・・。

 

いやぁ 懐かしい・・・。

 

そして大宮駅から、参道を歩いて氷川神社へ。

二の鳥居。もともとは明治神宮にあったもので、移設された氷川神社で一番大きい鳥居。

鳥居にもいろいろ様式があり、これは明神鳥居という様式です。

立派な楼門です。

 

本殿へお参りして、帰りました。

写真は、挨拶せずに写真を撮るのもどうかと思い、お参り後にとったものです。

 

参道が長く、運動不足の私にはこたえる距離でした・・・。

 

では、氷川神社についてちょっとご紹介。

当店のある鳩ヶ谷にもあり、多くの氷川神社の総本社。

大きな宮で大宮の地名の由来でもあります。

 

祭神は 古事記・日本書紀にも登場する、

須佐之男命(素戔嗚尊・スサノオノミコト)。

ヤマタノオロチを退治し、日本初の和歌を詠った神様。

色々逸話のある荒神様です。

 

稲田姫命(櫛名田比命 イナダヒメ クシナダヒメ)

ヤマタノオロチに生贄にされるところをスサノオに助けらた、その後の奥さん。

 

大己貴命(オオナムチノミコト)

因幡の白兎で有名な大国主命(オオクニヌシノミコト)の別名。

因みに、スサノオの娘の旦那さん。

 

どんな神様か、分かってお参りするのも、面白いと思いますよ♪

 

 

 

 

カテゴリ:雑談