タイヤからはじまる、トータルカーメンテナンス あなたのセーフティサポーター タイヤ館

クルマのメンテナンス関連
の豆知識

オイルについて

エンジンオイルとは?

金属同士が擦れ合ったり、ぶつかったりしても傷付かないようにするための、潤滑剤です。
オイルが無くて、金属同士が擦れ合うと、金属が磨耗したり、ぶつかって割れてしまいます。

エンジンオイルは大きく5つの働きをしています。

潤滑作用 金属同士が擦れ合う際に滑らかに動かす働きをしています。
密封作用 燃焼室でのエネルギーを逃さない働きをしています。
洗浄作用 エンジン内のすすや鉄粉などの汚れを洗い流す働きをしています。
腐食防止作用 (防錆作用) エンジン内の金属腐食(サビ)を防ぐ働きをしています。
冷却作用 循環することによりエンジンの熱を冷却しています。

エンジンオイルのこれらの働きにより、エンジンの重要な動作を補助しています。