タイヤからはじまる、トータルカーメンテナンス あなたのセーフティサポーター タイヤ館

タイヤ館全般に関するお問合せ窓口

お問い合わせはこちら

受付時間:9:00~17:45(土・日・祝日除く平日のみ)

※ご質問内容によっては返信に日数が掛かる場合やお答えできない場合がございます。

タイヤ館アプリに関する問い合わせ窓口

フリーダイヤル:0120-122-565

受付時間:9:00~17:00(土・日・祝日除く平日のみ)

メール:taiyakan@bridgestone-tirestore.jp(24時間受付可能)

※ご質問内容によっては返信に日数が掛かる場合やお答えできない場合がございます。

※タイヤ館アプリに関するお問い合わせ以外はお答え致しかねます。

クルマのメンテナンス関連
の豆知識

バッテリーについて

バッテリーの働きについて

バッテリーは充電可能な自動車用蓄電池です。クルマにはヘッドランプや、エアコン、カーナビ、オーディオ、ワイパー、パワーウィンドウなど電装品が数多く装備されています。電気が足りないと快適性が損なわれるだけでなく、安全性を保つこともできません。その為、バッテリーはクルマの中でも非常に重要な部品と言うことができます。

クルマに必要な電気はバッテリーから供給されるほかに、クルマに装備されたオルタネーター(発電機)からも供給されます。オルタネーターでは、エンジンで発生するエネルギーの一部で発電して電気を供給しています。
その為、エンジン始動する時はバッテリーのみで、始動のために十分な電気が必要となります。また渋滞のノロノロ走行時や多くの電装品を一度に使用する時は、オルタネーターでの発電量が不足するのでバッテリーから電気を取り出します。逆にエンジンのエネルギーが余っている時や、電装品をほとんど使用しない時は、オルタネーターで発電した電気はバッテリーへと充電されます。

このようにバッテリーとオルタネーター(発電機)でクルマに必要な電気を供給していますが、バッテリーは充電と放電を繰り返す為、長期の使用でどうしても性能が低下してしまいます。バッテリーの性能が低下するとエンジンを始動できなくなり、いわゆる『バッテリーあがり』となってしまいます。 旅行先や急いでいる時に『バッテリーあがり』とならないよう、定期的な点検が必要となってくるのです。