タイヤからはじまる、トータルカーメンテナンス あなたのセーフティサポーター タイヤ館

電気自動車(EV)専用
低電費タイヤECOPIA EV-01

ECOPIA
ECOPIA EV-01
特徴
同じ電気の量でもより遠くまで走れること。
道路との接地によって生まれるノイズを抑え、静けさを保つこと。
エコピアの高い環境性能を受け継ぎながら、
電気自動車のタイヤに求められる性能を追求したタイヤ、ECOPIA EV-01。
いよいよ、ブリヂストンから登場です。
  • POINT
    1
    高い低燃費(電費)性能によりEV車の航続可能距離に貢献
    「ナノプロ・テック™」等の採用により転がり抵抗を低減し、ガソリン車と比較して転がり抵抗の影響度が大きいEV車の燃費(電費)向上に貢献。
    高い低燃費(電費)性能を実現したEV-01テクノロジー
    ナノプロテック™微粒径シリカ配合ゴム
    [テスト条件]タイヤサイズ:205/55R16 91V/空気圧:210kPa/試験荷重:4.82kN/速度:80km/h/試験法の名称:フォース式/試験場所:(株) ブリヂストン 技術センター室内ドラム試験機
  • POINT
    2
    ノイズを抑えEV車での高い静粛性を実現
    REGNOで培った技術を基に、EV車に最適なパタンを開発。静粛性の高いEV車での走行音を抑え、優れた静粛性能を発揮。
    高い静粛性を実現するEV-01サイレントテクノロジー
    SILENCE×SILENCE
    エンジン音の無い電気自動車で
    目立ちやすいタイヤの音を低減、心地よい音色に。
    電気自動車走行時の静かで快適な車内空間の提供を目指したECOPIA EV-01は、東京大学生産技術研究所 応用音響工学研究室との共同研究により、エンジン音の無い車内でのタイヤ音の聞こえ方に着目して開発された。REGNOで培ったノイズ抑制技術を惜しみなく投入した結果、電気自動車という新たな音場での音圧低減に成功。また、人が心地よさを覚える音色を実現するために、同研究室による独自の官能評価を重ねた末、電気自動車ならではの上質な車内空間を生み出し、快適なドライブを提供するECOPIA EV-01が完成した。
    東京大学 名誉教授
    千葉工業大学 教授
    橘 秀樹
    東京大学 生産技術研究所
    応用音響工学研究室とのコラボレーション。
    電気自動車では今までエンジン音に隠れていて目立たなかったタイヤ音が気になりやすくなり、不快と感じる場合があります。この点に着目して研究を繰り返したECOPIA EV-01は、我々が行った官能評価の結果からも、ECOPIA EX10に比べ、より「静か」で「快い」タイヤと考えられることが示されました。
    [テスト条件]タイヤサイズ:205/55R16 91V/空気圧:250kPa/速度:40km/h/車両:リーフ ZAA-ZE0 前輪駆動/試験路面:(株) ブリヂストンプルービンググラウンド内アスファルト路面
    [テスト条件]タイヤサイズ:205/55R16 91V/空気圧:250kPa/速度:40km/h/車両:リーフ ZAA-ZE0 前輪駆動/試験路面:(株) ブリヂストンプルービンググラウンド内アスファルト路面/計測方法:テストコースを走行した時に発生するタイヤ音を測定。タイヤ音を評価車両運転手の左耳近傍付近で録音。その走行音 (タイヤ音) を無響室で再生し、10名の被験者にてSD法による官能評価を実施。/被験者:一般ドライバー10名
  • POINT
    3
    EV車特有の偏摩耗を抑制しライフ性能に配慮
    「EV-01専用新パタン」と「ナノプロ・テック™」を採用。
    ブレーキ時にタイヤに大きな負荷のかかりやすいEV車の偏摩耗を抑制し、摩耗ライフ性能が向上。
    大きく向上したEV-01の摩耗ライフ性能
    EV車に最適なパタンデザインを採用することによりライフ性能に配慮。
    [テスト条件]タイヤサイズ:205/55R16 91V/空気圧:250kPa/車両:リーフ ZAA-ZE0 前輪駆動/試験距離:10,000km/ローテーション:2,500km走行毎に車両入れ替えを実施。
    EV車の特性に合わせた静粛性と耐偏摩耗性を兼ね備えた「EV-01専用新パタン」
    ※説明のため各部分に色をつけて表現していますが、実際には色はついておりません。
    • タイヤサイド表記
      ユニバーサルデザインフォントにより視認性を向上。
    • タイヤの回転方向
      EV-01は回転方向指定があります。装着の際は、タイヤサイド部に表示された矢印を回転方向に合わせて装着してください。
    上記テスト条件に関するさらに詳細なデータについてはタイヤ公正取引協議会に届けてあります。
    タイヤの表示に関する公正競争規約に定められた試験方法で試験を行っております。
    試験結果はあくまでもテスト値であり運転の仕方によっては異なります。
eco-products
エコ対応商品は、ブリヂストンの自主基準を満足するものです。ブリヂストンは次の6つのポイントを考慮し商品開発に取り組んでいます。
(1)地球温暖化防止(2)省資源の推進
(3)自然資源の使用(4)リサイクル
(5)騒音低減(6)安全性向上
[*エコ対応商品]エコ対応商品に関しまして詳しくはブリヂストンのカタログ・ホームページをご覧ください。